MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

ピーマンを食べてみる。

ピーマン。

みんな知っている。

ナス科の野菜で唐辛子の仲間だ。

ビタミンACEが豊富で、加熱しても壊れにくいのが特徴。

からだにうれしい野菜である。

 

さて、このピーマンだが…。

調理するときに中のタネと白いワタ?の部分は廃棄している。

ここで思ふ。

「食べられないだろうか?」

ネットで調べてみると、どうやら食べられるらしい。

早速、やってみる。

 

半分にカットする。

f:id:kimama2016:20190909192752j:image

タネとワタを取っておく。

ヘタの部分は取り除いた。

f:id:kimama2016:20190909192807j:image

普段は即「ゴミ箱にGO!」だ。

そして面倒な調理はしない。

オリーブ油で炒めて塩コショウ。

以上。

f:id:kimama2016:20190909192816j:image


f:id:kimama2016:20190909192825j:image

火が通って来ると、かなりの勢いでタネが飛び散るので注意。

ビジュアルは酷い。

何せ、生ゴミになる部分なので致し方ない。

 

味は「ししとう」のタネの部分と同じだ。

もう少し食感が残る感じ。

ワタの味はよく分からない。

 

散乱したタネが食べづらいので、玉子を加えてまとめてみた。

f:id:kimama2016:20190909192835j:image

まぁ普通の味。

手をかければもっと色々出来そうだが、こんなもんだろう。

 

・・・・・

 

栄養もある。

ワタとタネには「カリウム」が豊富に含まれる。

また、タネには血行促進効果のある「ピラジン」という栄養素も含まれる。

そして食べることで生ゴミが減るので一石二鳥だ。

 

生ゴミとして捨てられる野菜を集めれば生きていけそうな気がしてきた(笑)