MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

今月は店が忙しい。

今月はお店がなぜかとても忙しい。

身体の疲れがひどいが、メンタルもだいぶやられてきた。

そろそろちゃんとリフレッシュしないと危険な状態だ。

 

この飲食店の忙しさというのは、なかなか過酷なのだ。

お客様はだいたい容赦ない。

店の状況などお構いなしでやって来るし、嵐のようなオーダーを叩き込んでくる。

当然キャパを超えてくるのだが、逃げるわけにも目をつぶるわけにも行かない。

永遠に続くかのごとく感じられるピークタイム。

そしてこの時期の厨房は、たいていクソ暑い。

 

これは経験した人にしか分からないかも知れない。

これが続くと段々被害妄想がひどくなる。

「オレ、何か悪いことしたか?」

その苦しさを、わかってくれとは言わない。

しかし…。

そんなにオレは悪いのか?

だんだん心がやさぐれてきて、触るものをみんな傷つけそうで怖くなる。

 

別に、ちっちゃい頃から悪ガキだった訳でもないし、

15歳で不良と呼ばれてたりもしていない。

しかし間違いなく心がギザギザしている。

しっかりと休息して、心身ともに回復しないと。

誰かに子守唄を唄って欲しいが…。

ギザギザハートの子守唄

ギザギザハートの子守唄

 

こんなしょうもない記事を書いてるくらいだから、まだ大丈夫そうだ。