MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

紫陽花を見に行く。花に心が惹かれるのは…。

近くの庭園?に紫陽花を見に行った。

f:id:kimama2016:20190617104747j:plain

f:id:kimama2016:20190617104404j:plain

f:id:kimama2016:20190617104427j:plain

f:id:kimama2016:20190617104448j:plain

f:id:kimama2016:20190617104508j:plain

f:id:kimama2016:20190617104526j:plain

f:id:kimama2016:20190617104552j:plain

花になど一寸の興味も無かったが、最近、道端に咲く花にも心を惹かれることがある。

弱っているのだろうか?

 

吉行淳之介氏の古いエッセイを読んでいたらこんな文章が。

「老いるとともに花鳥風月のほうに関心が向くのが日本人の体質」

なるほど。

老いていく過程で現れる自然な現象ということか。

そして日本人特有のことなのか。

f:id:kimama2016:20190617104227j:plain

こういう本を手にすることは滅多にないのだが…。

読んでみると、日々の出来事を淡々と綴っていて、これがなんとも味わい深い。

文章の巧みさもあるが、それ以上に目の付け所が違うと感じる。

常人では見過ごしてしまう何かに気づく感性。

私も欲しい。

そのためには、もう少しゆっくりと時を刻む必要がありそうだ。

 

そして、このエッセイのようなブログを書きたいと願う。