MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

日常生活を見直す。食事編。

時代は変わった。

人生も後半に入った。

そんな中で思うこと。

何気なく過ぎてゆく日常を見直したい。

例えば、食事。

「食生活を変えたい」のではない。

「食事の仕方」を変えたいのだ。

 

自分の「食事の仕方」を分析してみると…。

「味わう」というフェーズが抜け落ちているのに気づく。

つまり食物を口に入れることで、食事が終わっているのだ。

あとは無意識のうちに咀嚼し嚥下する。

その時すでに次の食物を口に運ぶ動作に移っている。

そして、食事の時間は最大で5分。

ゆっくり食べる時間があっても同じだ。

さすがにこの状態は改善すべきであろう。

f:id:kimama2016:20180925094608j:plain

長年、飲食店で働いてきた影響と思われる。

店での食事は、仕込みや営業の合間に短時間でかっこむ。

それが普通。

何なら立ったまま。

それが習慣になってしまった。

 

習慣だから変えるのはなかなか難しい。

まずはゆっくり咀嚼することから始めたいが、これが難儀だ。

以前も書いた。 

kimama2016.hatenablog.com

とにかく習慣付けて行くしかない。

それと同時に意識も変えるべきなのだろう。

 

もうそんなに急ぐことはないのだよ。

徐々にシフトダウンすればいいのさ。

 

自分の中の時計の針を、もう少しゆっくり動かしたいと思う。