MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

この世に生をうけて半世紀あまり。ともに歩んだ「自分の身体」に感じること。

最近、思うことがある。

「目は偉いなぁ」

半世紀にわたってものを見続けてきた。

極度の近視の私は、中1から眼鏡使用。

50を過ぎて遠近両用に。

遠くも近くもよく見えないのが自然な状態。

それを無理やり矯正して、見えるようにしている。

目には多大な負荷がかかっているのだろう。

かと言って眼鏡を外したら生活できない。

だから思う。

「目は偉いなぁ」と…。

f:id:kimama2016:20190604085404j:plain

「右手は偉いなぁ」

日常生活を振り返る。

左右を比較すると、7割は右手(利き手)を使って生活している。

左には左の役割があるのだろうが、右手に多くの負荷がかかっているのも事実。

ちょっと休ませてあげようかな。

左でできることはなるべく左でやってみよう。

さすがに包丁は握れないが。

それで思う。

「右手は偉いなぁ」と…。

 


「身体は偉いなぁ」

半世紀を越えてともに生きてきた身体。

目や手だけでなく、すべての部位に感謝したい。

無茶もしてきたが、これからは身体が発する声に耳を傾けよう。

そして、もうしばらく付き合ってくれ。

この人生をしっかりと下山するために…。