MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

年をとれば衰えるのは自然の摂理。現実を認めつつも、まだまだ進化したい53歳。

肩が痛い。左肩の外側。

2~3ヶ月前からだろうか。

動くには動くが、痛みが走る。

いわゆる「〇〇肩」ってヤツか?

 

53歳、ここに来て急激に身体機能の衰えを感じる。

併せて、感覚の僅かなズレ

ちょっとした段差に躓くとか、何かにぶつかるとか…。

無意識でやっていたことが微妙に出来なくなっていく。

「これが衰えるということか…。」

 

身体の衰えは以前から感じていたが、

この「感覚のズレ」は最近になってから。

恐らく機能の低下と共に、

脳の発した信号が末端まで伝わるスピードが、遅くなっているのでは?

(素人の感想です)

だから動きが微妙に遅れる。

間に合わなくてぶつかる。

(そもそも認識できない場合もあるが…)

 

今のところ、ちょっと痛い思いをする程度で済んでいるが、

今後このズレが広がった時には、大惨事になる危険も。

それを防ぐためには、しっかり確認、ゆっくり行動。

お年寄りの気持ちが、少し理解できた瞬間だ。

f:id:kimama2016:20190521092038j:plain

衰えを感じると同時に、進化している面もある。

2年半ほど継続している体幹レーニング」

最近、ちょっとコツが掴めた気がする。

手足をただ動かすのではなく、すべて体幹から動かす。

 

まず体幹から始動

   ⇓

連動して手足が動く

   ⇓

状態をキープ

   ⇓

再び体幹から始動し、元に戻す。

 

今まではついつい手足から始動していた。

手足のちからで身体を動かしていた。

そうではなく体幹のちから」で手足を動かす

この感覚が身についてきた。

 

【継続してきて変わったこと】

①自転車の運転がラク

脚だけでこぐと大層疲れる。

体幹から脚を動かすので、とてもラクになった。

 

②姿勢が良くなった。

これは効果てきめん。

身体を支えているのは体幹だと実感できる。

 

③ランニングへの効果。

骨盤が安定し、膝や股関節の痛みが減った。

走っていて安心感が増した。

 

・・・・・

 

自重だけで行う「体幹レーニング」。

自宅でいつでもできるのが魅力。

個人差はあるが、1年半~2年ほど継続すると効果が実感できるだろう。

衰えを感じながらも、進化していく。

それが私の理想です。

 

そして、夢がある。

若い頃から色白でガリガリ体型だった私。

似合う服が限られてた。

いつか…、

Tシャツにハーフパンツで外に出てみたい。

日焼けまでは望まないが(笑)

 

えっ?何歳か、って?

53歳だけど…、何か?

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。