MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

人生の後半戦をいかに生きるか?キーワードは「身体は減速、心は加速」。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

最近「衰えたな~」って感じることが多くあります。

例えば…。 

53歳にして実感する衰え。

最近「2つのことが同時にできない」のです。

今までの感覚でやろうとすると、片方の意識が疎かになって失敗する。

何でしょうね?

今まで「無意識」でやれていたものが出来なくなる。

感覚のズレ。

 

これはワンオペで店をやってる自分にとっては、なかなかに厳しい。

ひとつずつ仕事をこなしていたのでは、とても回らないのです。

かと言って、事故って仕事を増やすのは避けたい。

もどかしくてイライラすることも…。

 

これからの時期を、どう生きるか?

そんな時に出会った本。

人生を山登りに例えて「登山」「下山」の2つのフェーズがある、と説く。

この見方にはハッとさせられた。

衰えは感じても登ったものを下るという認識は無かった。

 

なるほど。私は人生を下り始めてるんだな。



そう考えるとちょっとネガティブになりそうだが、そうではない。

下山こそが真髄であり、より重要なプロセス。そして人生のクライマックスだ。

そう視点を変えることで、むしろこれからが面白い、という視野が生まれる。



身体が衰えていくのに「面白い」と思えるのか?

 

それも視点を替えてみる。

自分の身体と相談しながら、衰えをどうカバーし運用していくか。

自分なりに工夫して、ライフスタイルを見直していく。

それを知的な楽しみにしてしまう。

 

ほう。ならばまずは「ひとり働き方改革」だな(笑)

 

身体は衰えて減速しても、精神活動や知的活動はむしろ加速する。

それが人生の下山期の歩き方なのではないか?

f:id:kimama2016:20190201001430j:plain

・・・・・

登山と下山の分水嶺

それは概ね50歳らしい。

「令和」に変わった今年…。

自分にとって人生の「下山」に入る分水嶺である気がします。

人生の後半戦をどう生きるか?

大きなテーマですね。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。