MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

クモから学ぶ「待つこと」の大切さ。スランプ脱出のカギは「クモの巣大作戦」。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

今年に入ってから、競馬が絶不調です。

どれだけ不調かと言うと…、

「僕が買う ルメールですら 斜行する」

無駄に五七五にして見ました(汗)

 

冷静に分析してみると…、

・とにかく当てたくて、無駄な馬券を買いすぎている。

・他人の評価(オッズ)に惑わされて、自分を見失っている。

・自分の欲望に負けている。

 

要は自分をコントロール出来ていない、ということです。

 

最近読んだ本の中にヒントがあった。

極上の孤独 (幻冬舎新書)

極上の孤独 (幻冬舎新書)

 

前回の記事でも取り上げたこの本。

 

著者は幼少期に結核を患い、安静の毎日を送っていた。

ベッドの中から興味の湧くものを見つける日々。

そのひとつが「クモの巣」だった。

 

ここぞと決めた場所に網を張り、獲物が来るのをじっと待つ。

そこから学んだのは「待つことの大切さ」

こちらから仕掛けるとうまく行かない。

目をつけた相手が近づいて来るのをじっと待って仕留める。

この方法であまり失敗はない、とのこと。

 

それを読んだ時「これだ!」って閃きました。

(著者の意図は「恋のかけ引き」のことでしょうが…。)

今必要なのは「待つ」ことだ。

自分から動かず、ここぞと決めた所に網を張る。

あとは向こうから飛び込んでくるのをじっと待つ。

これがスランプ脱出の近道に違いない!

名付けて「クモの巣大作戦」(青学か!?)

 

さて、どこにどんな「巣」を張るべきか…。

過去の成績を振り返ると「3連馬券」に獲物がいないのは明らかです。

ここは今まで一番獲物が捕れていた「ワイド」で行こう。

そして無駄馬券を買わないために、あえての「1点買い」。

ここに獲物がいると見た!

このスタイルで網を張り、後はじっと待つのみ。

スランプ脱出は叶うのか?

 

今日のGⅠ「ヴィクトリアマイル」。

⑨プリモシーン ⑮カンタービレ

ワイド1点で網を張っておきます。

f:id:kimama2016:20190511093117j:plain

この本から競馬のヒントを得るなんて、いい迷惑かしら?

ちなみに著者はガールズケイリン」の生みの親らしいです。

ギャンブルつながり?と言うことで、ご容赦下さい。

  

余談ですが…。

「クモ」は獲物が全く捕れなかった時、場所を移動するのだろうか?

それともそのまま餓死してしまうのか?

 ちょっと気になります。調べる気もありませんが…(苦笑)

 

さて、私の馬券の網に獲物はかかるのか?

それとも資金が尽きて餓死するのか?

じっと待つのみです。

 

そして私は「クモ」が大嫌いです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。