MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

確定申告が完了しました。今年は「ID・パスワード方式」で「e-tax」をやってみた。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

確定申告が完了しました。

自営業になってから12回目です。

さすがにこれだけやってると、もう手慣れたもの。

さらに今年は初めてe-taxを利用しました。

これは楽ですね~。

事前の準備が面倒で、今まで避けていたのですが…、

「ID・パスワード方式」というものがあるのを知り、やってみることに。

 

f:id:kimama2016:20190302090406p:plain

国税庁HPより転載

 

身分証明書を持参して管轄の税務署へ行き、ID・パスワードを登録するだけ。

空いていれば、ものの10分程度。

コストも一切かかりません。

これで、税務署に提出しに行ったり、郵送する手間が省ける。

うれしい限り。

 

最初は手書きでした。

開業してしばらくは、手書きで作成。

これが…、苦難の作業でした。

ちょっと数字を間違えれば訂正が面倒で…。

税務署の日付印が押された「控え」をもらう為に、同じものを2部作る。

あぁ、めんどくさい。

今、思えば、なんて非効率なことをやっていたのか(苦笑)

 

国税庁の作成コーナーを利用すると…。

3~4年くらいは手書きで作っていたと思います。

その後、国税庁のHPに「申告書作成コーナー」ができました。

指示に従って数字などを入力していくと…。

あら、簡単!

計算は自動でやってくれるし、何より間違いが無い

訂正もサクっと出来るし、印刷すればそのまま提出OK!

決算書も申告書もスイスイ完成。

手書きと比べると、天と地ほどの差がありました。

 

さらに今年から上記の方法でe-taxを実施。

提出の手間が省けるので、とっても楽です。

f:id:kimama2016:20190302092645j:plain

 

e-tax」で節税にも。

さらに…。

2020年から、基礎控除が38万円から48万円に増額されます。

その分、税金が減ってラッキーなのですが…、

自営業は青色申告特別控除が現行の65万円から55万円に減額されます。

おいおい、行ってこいじゃん!

と思ったら…、

e-tax」で提出した場合は、減額されず65万円のまま。

あぁ、そういうこと。

e-tax」を普及させたいのね。

 

まぁ、いいでしょう。

この「ID・パスワード方式」が導入され、やりやすくなった。

しかも提出の手間が省ける。

それで節税できるなら…。

これはやらない手はないですよ~!

 

・・・・・

 

なお、当方、国税庁の回し者ではありません(笑)

しがない飲み屋のマスターでございます。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。