MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

福岡国際マラソンで、服部勇馬選手が優勝!オリンピック候補に名乗りをあげました。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

昨日福岡国際マラソンが行われました。

東京五輪に繋がる重要なレース。

服部勇馬選手が、見事優勝。

この大会14年ぶりとなる日本人Vでした。

www.hochi.co.jp

記録も2時間7分27秒と、自己ベスト(2時間9分46秒)を大幅に更新。

東京五輪の出場を競うMGC出場権もゲット。

大迫傑選手、設楽悠太選手、井上大仁選手に次ぐ有力候補に名乗りを上げました。

 

・・・・・

 

服部勇馬選手

仙台育英高校から東洋大学を経て、現在はトヨタ自動車に所属する25歳。

大学時代は1年の時から駅伝で活躍。

柏原竜二選手、設楽兄弟卒業後の駅伝チームを支えました。

 

4年生の時に初マラソン

今回で4回目。

過去3回は35kmを超えてから失速して、思うような結果を残せず。

練習方法を見直して臨んだ今大会。

見事に過去の失速を修正。

レースの終盤に加速する力強さを見せました。

 

大学時代と比べると、体もひと回り大きくなって、強靭さを増した印象。

ある意味、長距離ランナーっぽくない逞しさを感じました。

 

日本記録保持者の設楽悠太選手をはじめ、

東洋大学の出身者から大きな舞台で活躍する人が出てくるのは嬉しい限り。

東京五輪でもその雄姿を見たいものです。

 

・・・・・

 

そして自分のランニングについて。

夏に痛めた膝がだいぶ回復してきました。

半月ほど前から練習を再開。

3~5km程度の軽い走行で慣らしています。

 

毎回エントリーしている大会は来年2月なので、それには間に合いそう。

ただ毎年のように故障しているので、何か考えないと。

そこで、

衝撃を吸収して関節への負担を和らげ、正しい姿勢で走れることを期待して

ランニング用の「インナーソール」を購入しました。

f:id:kimama2016:20181203104416j:image


f:id:kimama2016:20181203104427j:image

ネットで探すと、まぁピンキリで…、

千円程度の物から、一万円近いプロ仕様のものまで、多種多様。

 

大いに迷いましたが、結局「BMZ」のインソールを購入。

中級者向けで、3,800円ほど。 

海外製が多い中で、こちらは国内製品

日本人の足に合いそう…。

 

高いか安いかは使って見て、ですね。

f:id:kimama2016:20181203211950j:plain

 

・・・・・

 

先ほど、これを装着して5kmくらい走って見ました。

正直、一回では何とも言えません。

それでも、正しい姿勢への強制力があるのでしょうか?

いつもに比べて、尋常ではない汗の量でした。

もう少し使って見て、また書きます。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。