MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

個人経営の飲み屋が、店内を「禁煙」にして5ヶ月が経過。ここに来て売上が回復してきた。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

11月も終わりですね。

いよいよ忘年会シーズン

今年は「禁煙」の影響で少ないかも知れませんが、

2018ファイナル、頑張って行きましょう! 

f:id:kimama2016:20181130102028j:plain 

・・・・・

さて、その「禁煙」の影響ですが…。

11月になって売上が急速に回復しています。

7月から禁煙にしたので、丸5ヶ月。

 

禁煙で離れたお客様が戻ってきた訳ではありません。

その方々はもう戻らないと思います。

 

今、来ている方は、

「禁煙でもいい」

もしくは、

「禁煙の方がいい」という方々。

 

前者の方もいますが、後者の方々が増えてきている印象。

「安心して来られる」と言って頂けるファミリーもちらほら。

「禁煙」にしたプラス面の手ごたえを、少し感じられた11月でした。

 

そして、苦しい中、応援してくれた常連さんの力は大きい。

この方々無くしては、お店は成り立ちません。

落ち込んでいた数ヶ月の間、随分助けられました。

ホントに感謝、感謝です。

 

・・・・・

 

少し先が見えて来たとは言え、今後については、いまだ予断を許しません。

たまたま売れてるだけかも知れないのです。

ただ、もう「禁煙」の影響は一巡したので、ベースは整ってきた気がします。

 

一概には言えませんが、

4~5ヶ月、我慢して営業できれば、

(その間は2~3割の売上減を覚悟する必要はあるが…。)

ある程度、落ち着いてくるのではないか?

それが実感です。

 

・・・・・

 

あくまでも、ウチの店での感想です。

店によって状況が違うので、同じ結果になるとは限りません。

その点はご容赦ください。

 

それでも「居酒屋に行きたいが、タバコが辛くて行けない」方々が、

少なからず存在するのは間違いなさそうですね。

 

 

さて、平成最後の年末商戦、どんなラストを迎えるのか?

しっかり体制を整えて、臨みたいと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。