MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「帰省」について感じたこと。親の気持ちが少しだけ分かったような…。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

世間一般はお盆休みですね。

 

この時期は店の雰囲気も普段と少し違います。

会社帰りのサラリーマンが減って、地元の方々や家族連れが多くなる。

三世代でのご来店も見受けられます。

 

昨夜もそんな感じの営業になりました。

その中でひとつ気づいたことがあります。

 

・・・・・

 

時々来店される自分と同年代のご夫婦。

昨夜は20代の若者と一緒に来られました。

伺ってみると…、

「息子が帰省したので一緒に来た」とのこと。

 

帰省…。

あぁ、そうか…。

 

今まで「帰省」というと、自分が実家に帰ることだった。

これからは子供が家に帰ってくる、それも「帰省」なんだな…。

 

……目からウロコでした。

「帰省」という言葉から得られるイメージ。

今までとは全く違うものが、自分の中に生まれた瞬間でした。

 

f:id:kimama2016:20180812093358j:plain

 

・・・・・

 

先月、一人暮らしを始めた娘。

夏休みには帰ってくるのだろうか?

交代で休むので9月になるそうだが…。

 

帰省で帰ってくる子供を待つ親の気持ち。

それが少しだけ分かったのかも知れません。

 

・・・・・

 

自分もそういう年齢になったのだな。

この暑さが和らいだら、実家に顔を出してみよう。

車でおよそ1時間の距離、帰省という程ではないが…。

それでも、近いようで遠いその距離。

行ける時に行っておこうと思います。

  

本日もお読み頂き、ありがとうございます。