MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

世紀の大誤審か!? プロ野球、誤審を防ぐための「リプレー検証」でまさかの事態が…。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

日本のプロ野球、セパ交流戦も終わり、昨日からリーグ戦が再開しました。

その交流戦オリックスバッファローズは…、

11勝6敗1分で、全体2位、パ・リーグでは堂々の勝率1位です。

f:id:kimama2016:20180623081210p:plain

そして今年も2~6位までをパ・リーグの球団が占め、強さを見せました。

また交流戦MVPは…、

27安打、打率.397、3本塁打、10打点を挙げた、吉田正尚選手が受賞。

おめでとうございます。

ただ、最終戦で足首を痛めたのがちょっと心配です。 

www.nikkansports.com

kimama2016.hatenablog.com

 

オリックスは今シーズン、投手陣が頑張っていて、近年稀にみる(失礼)好調ぶり。

このままレギュラーシーズンも優勝目指して走って欲しいところ。

そんな矢先、事件が起こりました。

昨日の試合です。

www.nikkansports.com

 

プロ野球では今シーズンから、

「誤審」を防ぐ目的で「ビデオによるリプレー検証」が導入されています。

アウト、セーフの判定などで、ジャッジが覆るシーンを時折見受けます。

審判とはいえ人間、見誤ることもありますので、際どい場合はビデオで確認する。

公平を期するためにも、必要なことだと思います。

 

ところが…、昨日の試合。

ホームランがファールかの判定を巡って、世紀の大誤審が発生します。

 

最初の判定は「ファール」

それがビデオ検証で「ホームラン」に。

これが正しい判定なら致し方ないでしょう。

ところが試合が終了したあと、福良監督の抗議で再検証。

するとどうでしょう。

「やっぱりファールでした」

審判団が誤審を認めて謝罪するという事態に。

 

試合は延長戦にもつれ込んでいて、1点が勝負を決するような局面。

延長10回表、ソフトバンクの攻撃で、2死1塁。

これをホームランと判定されたことで、バッファローズは敗戦します。

 

・・・・・

 

何のための「リプレー検証」なのでしょうか?

人間の目による「誤審」を防ぐ目的のはず。

それが「リプレー検証での判定は誤審でした」と言われて、誰が納得できるのか?

「リプレー検証」で「誤審」する。それを認めて謝罪する。俄かに信じ難いことです。

 

オリックス・ファンの立場だからより強く感じるのでしょうが、

ソフトバンクのファンにしても、後味は良くないでしょう。

これを「ラッキー!」と感じるファンはいないと思います。

ソフトバンクの選手や監督は「ラッキー!」と思っているのかしら?

もしそうだとしたら残念ですし、悲しいです。

f:id:kimama2016:20180623091818j:plain

「リプレー検証」で間違えるならば、

あとはボールやラインにセンサーを埋め込んで判定するしかないでしょう。

そこまでするべきかは分かりませんが…。

今後「リプレー検証」で判定が覆った場合、相手チームが「再リプレー検証」を求める。

なんてことにならないかしら?

そして試合時間がどんどん伸びていく…。

 

今回の問題は、今後のプロ野球に少なからず悪影響を与えそうな気がしてなりません。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。