MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「無駄なこと」は「大事なこと」。それは人間にとっての不可欠な潤滑油である。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

最近、思うことがあります。

 

・・・・・

 

常に目的をもって動いている。

何かを達成しようとして行動している。

そんな生活に特に疑問を感じることは無い。

それが当たり前で、目的もなくダラダラ過ごすなんて出来ないと思っている。

 

そんな生活をしていると…。

時々、疲れを感じます。

無理しているとか、頑張りすぎなんてことは無いと思うが…。

やはり、負荷がかかっているのでしょうか?

 

そんな時に思うのは…。

人間にとって「無駄なこと」って、実はとても大事なことなのではないか?

 

時に何の目的もなく行動する。

馬鹿馬鹿しいことをやる。

意味のないことに取り組む。

 

「あ~、1日無駄にしたな」

そんな感覚が生活の中にあっても良いのではないか?

 

「無駄」は「無駄なこと」ではない。

心に「遊び」や「ゆとり」をもたらすもの。

人間にとって不可欠な潤滑油である、と感じます。

 

では「何をするか?」というと、これもまた難しいところで…。

「遊び」「ゆとり」を生むために「無駄なことをやる」なんてことになると…、

また「目的」を持つことになってしまう。

 

本能の赴くまま、衝動的に突発的に何かするのがいいのでしょうが。

なかなかねぇ~。

人間って、難儀な生き物ですね。

 

・・・・・

 

何でこんなことを考えたのか?

 

昨日、衝動的に「ひとりカラオケ」に行きました。

もう10年振りくらいでのカラオケ。

分厚い本もリモコンも無くて狼狽しましたが…(汗)

 

そして、

ひたすら尾崎豊の「卒業」と、ドリカムの「未来予想図Ⅱ」を歌ってました。

「ちょっと病んでるな~」と思います(苦笑)

でも、こんな馬鹿馬鹿しい行動も、時に良いのかも知れない。

 

そう言えば…。

去年の初夏の頃、ただひたすら、北へ向かって軽自動車を走らせたことがありました。

目的もなく、一般道をただひたすら、北へ走る。

どこまで行けるのだろうか?

そして気付いたら「伊香保」に着いたので、日帰り温泉に浸かって帰ってきた。

なんてことがありました。

 

「無駄な1日を過ごしたなぁ~」と思いましたが…。

その時も、こんなことも必要なのかな、と感じましたね。

 

その時の写真が残ってました。

f:id:kimama2016:20170722094621j:plain

 

f:id:kimama2016:20170722094729j:plain

 

人間て…。

面倒くさいですね…。

 

 

なんとも個人的な記事で失礼しました。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。