MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

久しぶりに「店泊」しました。そして気づいた「店」と「家」の共通点と相違点。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

一昨日の深夜、大雨が降りまして、チャリ通勤の自分は帰宅困難に。

家に帰った方がリラックスできるので、大抵は無理してでも帰るのですが、

さすがにこの大雨では気持ちが萎えてしまって、致し方なく店泊することにしました。

 

久しぶりに店泊しましたが、それほど不自由はありません。

食べ物も飲み物も酒もある。

当然、調理器具はフル装備。

仮眠用のマットと毛布もある。(小上がり席で寝る)

テレビもある。音楽も聴ける。

洗面道具もある。

生活に必要なものは大体揃ってます。

 

ただ…、2つ、無いものがあります。

 

家にあって、店に無いもの。

お風呂、シャワー設備。

これは無いです。シンクならあるが(冗談です)

でも男なので、1日くらいはどうにでもなる。

 

もうひとつ。

ネット環境が無い。

スマホはあるが、充電器が無い。

格安スマホでギガ数が足りない。

これが一番困りました。

ブログを書けないし、読めない。

 

困ったのですが…。

これが「最後の砦」のような気がします。

これでネット環境を整えてしまったら…。

ちょっとの雨や風や疲労や酔いで、安易に「店泊」して家に帰らなくなりそうです。

そうならない為にも、店にネット環境は作りません。

ただ、いざという時のために、スマホの充電器は置いといた方が良いですね。

 

ブログは家に帰ってから。

リラックスして軽くお酒を飲みながら、パソコンで読む。そして書く。

やっぱりこのスタイルがいいです。

スマホでは読みづらい(老眼?)し、書きづらい。

 

でも書いた記事の「公開」はしません。

酔っぱらって書いた記事は危なくてしょうがない(汗)

翌日、チェックして、修正してから公開します。

 

・・・・・

 

そして「家に帰る」ことのもう一つ重要なポイントは…。

「オンとオフの切り替えをすること」 

ただでさえ自営業者は切り替えが難しい。

家でも仕事するし、店で私的なこともします。

それでも…。

一応「家」はプライベート、「店」は仕事場、という線引きはしておきたい。

カタチだけかも知れませんが、この感覚は大事にしたいのです。

f:id:kimama2016:20180310105429j:plain

 

・・・・・ 

 

7月にはお店も丸10年の節目を迎えます。

イチロー選手は「最低でも50歳まで現役で。」と言ってました。

自分の目標は「生涯現役」。

小さい店でもいいので、できる限り続けたいと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。