MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「青木選手、古巣ヤクルト復帰」のニュースが。さて、イチロー選手はどうなるのか?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

今朝はこんなニュースが…。

www.sponichi.co.jp

メジャーで活躍していた青木宣親選手。

7年ぶりに古巣ヤクルトに復帰するとの報道がありました。

 

メジャー契約優先だったのでしょうが…、

今年はFA市場が停滞していて、半数の選手がいまだ所属が決まらないらしい。

日本でも元巨人の村田選手(37歳)の所属が決まらないなど、

ベテランには厳しい状況となっています。

f:id:kimama2016:20180130093438j:plain

 

気になるのはやっぱりイチロー選手。

青木選手は毎年図ったように.280前後の打率で、メジャー通算打率.285

波がなく、安定した成績を残しています。

 

成績が安定している割には、所属チームが安定しませんね

ブルワーズに2年、ロイヤルズ、ジャイアンツ、マリナーズに各1年。

昨年は1年の間に3球団を渡り歩きました。

それでも、メジャーでイマイチ活躍できない日本人野手としては、

イチロー選手、松井選手に次いで活躍していると思います。

 

ネックはやはり36歳という年齢でしょうか?

そうなると気になるのは、44歳のイチロー選手の動向です。

松井選手のようにメジャーでキャリアを終えるのでは、と思っていましたが、

日本球界への復帰が、俄然、現実味を帯びてきました。

イチロー選手の出身地の中日ドラゴンズが正式にオファーしたようですし。

 

ところで、中日は松坂投手(37歳)も獲得していますが、

どういうチームを目指しているのでしょうか?

ゲレーロが抜けたので、サードを守れる村田選手こそ獲るべきだと思うのですが…。

 

日本復帰のメリット、デメリットは?

青木選手にしろ、イチロー選手にしろ、

球団にとっては「観客動員」というメリットがありますし、

ファンにとっても「生で見られる」メリットがあります。

 

気になるのは、若手の出場機会が奪われる可能性があること。

それでも、若手選手が一緒にプレーすることで成長できるなら良いと思います。

 

もうひとつは、結果が出せなかった時の扱い

いくら名選手や功労者とは言え、結果を残せなければ試合に出られない。

また2軍落ちしたりするわけで、

そのあたりで周りがかなり気を使ってしまうのでは?と危惧します。

 

公平に扱わなければ、チーム内の士気、特に若手のモチベーションに係るでしょうし、

なかなかデリケートな問題になりそうです。

 

それでも、ファンとしては…。

ヤクルトのファンの方はうれしいと思います。

自分もイチロー選手がオリックスに復帰してくれれば、

いろいろ懸念はあるとしても、やっぱりうれしい。

日本復帰ならオリックス以外には行ってほしくないと願っています。

kimama2016.hatenablog.com

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。