MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

秋田の名物『いぶりがっこ』を取り寄せた。今年、大ブレイクの予感がします。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

いや~、寒い日が続きますね。

寒いのは苦手です。

寒くていいことなんてひとつも無いです。

強いてあげれば…。

  • 「G」が出ない。
  • 「雑草」が生えない。
  • 身体がベタベタしない。(カサカサするが…。)
  • 食材の保管が楽。
  • 食べ物がおいしい。

など…。けっこうあるか(笑)

 

・・・・・

 

東京(郊外だが…)に住んでいてこんなに寒いってことは…、

北海道や東北ははるかに厳しいのでしょう。

そんな東北秋田県の名物を、お店のメニュー用に取り寄せました。

いぶりがっこです。

 

いぶりがっこ」とは?

漬物用の干し大根が凍るのを防ぐため、

囲炉裏の上に吊るして燻し、米ぬかで漬け込んだもの。

秋田県の伝統的な漬物です。

秋田の方言では「がっこ=漬物」だそうです。

 

・・・・・

 

食べてみます。

コリコリとした食感に、なんとも言えない燻製香。

燻製好きにはたまりません。

そして、日本酒、焼酎に限らす、洋酒にも合う、オールラウンドなおつまみです。

 

通販で探すといろいろ出てきますが、この「きむらや」ブランドは間違いナシ。


 

お店でのメニューはこちら。

クリームチーズと合わせてお出ししてます。

f:id:kimama2016:20180114202942j:plain

リピート必至の人気のおつまみになりました。

 

このメニューを導入するきっかけは…。

kimama2016.hatenablog.com

 

以前、銀座の立ち飲み屋で出会ったいぶりがっこマスカルポーネなる一品。

いぶりがっこの美味しさと、チーズとの相性の良さが記憶に残りました。

 

そういえば最近「リッツクラッカー」のCMでも…、

いぶりがっこクリームチーズ」という食べ方の提案をしてますね。

2018年、ブレイクしそうな予感です。

 

・・・・・

 

ひとつだけ注意点を。

燻製香が強いです。

残った分を保管するときは、しっかりと密封しましょう。

油断すると冷蔵庫内に燻製香が充満することになります。

 

嫌な香りではないので、お好きな方は緩めのラップでどうぞ(笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。