MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

飲み屋のマスターが妄想するヨーロッパの旅。さて、その目的地は?

今週のお題「行ってみたい場所」
 

スコットランド

ベネチア(イタリア)

 

行ってみたい場所①「スコットランド

言わずと知れた「スコッチウィスキー」の母国。

スコッチウィスキーが育まれるその土地、自然、空気、人、文化、生活…、

すべてを肌で感じて見たいです。

f:id:kimama2016:20171016004708j:plain

スコッチウィスキーが造られるのはどんな所なのか?

本やネットで調べれば、雰囲気は分かる。あくまでも雰囲気だけは…。

だが、身体に感じる空気、熱、風、匂い、音…、

それは行ってみないと分からない。

スコッチを愛してやまない自分としては、一度はこの地に身を委ねてみたいのです。

 

特に「アイラ島」にはぜひ足を踏み入れたい。

総面積600㎢(淡路島と同じくらい)の島に8ヶ所の蒸留所が稼働中。

ピート(泥炭)によるスモーキーフレーバーが特徴のウィスキーが多く造られている。

まさにスコッチの”聖地”です。

(ついでに現地でウィスキーを買い付けます。仕事かっ?)

 

行ってみたい場所②「ベネチア 

この地への憧れは高校生の頃から。

映画「リトル・ロマンス」を見て、惚れてしまいました。

ダイアン・レインにではなく、舞台となったベネチアにです。)

「ゴンドラに乗って『ため息の橋』の下でキスをしたカップルは永遠に結ばれる」

というような話しで、その頃の自分には胸がキュンとするような ストーリーでした。 

f:id:kimama2016:20171016120814j:plain

この街並みだけで、もう芸術作品ですね。美しい!

ただひたすら、街をぶらぶらしたいです。

それだけで十分。それ以上望みません。

 

誰かが言ってました。

ベネチアで迷子になることを恐れてはいけない。

それだけベネチアの本質に近づくことになるのだから」

なんて素敵な言葉でしょう。

嗚呼、ベネチアで迷子になりたい。

一生、ぐるぐるしていたい(笑)

 

・・・・・

 

せっかく旅をするなら、スコットランドとイタリアの間に…、

・ベルギーベルギービールを飲みつくす旅)

・フランス(ワインとチーズの産地を巡る旅)

・スペイン(本場のスペインバルで飲み明かす旅)

を挟みたいところ。「お酒」が無ければ「旅」の意味なし。

 

それが飲み屋のマスターの生きる道。

 

ロト6で1等が当たったら考えます。

 

 

…いや、住宅ローンの繰り上げ返済だな。 

 

……嗚呼、いかんいかん。

急に現実に引き戻されてしまった。

せっかく妄想で旅をしてたのに…。

 

 

嗚呼、ベネチアで迷子になりたい。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。