MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

フレッシュチーズ『ブルサン』を食べてみた。そういえばEUとのFTA交渉はどうなったんだ?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

最近ではスーパーにも、色々なチーズが置いてありますね。

お買い得な時に、たまに買ってきて食します。

今回、購入したのはこちら。

フランス、ノルマンディー地方が原産の「ブルサン」です。

f:id:kimama2016:20170911192830j:plain

 

「ブルサン」とはどんなチーズか?

熟成させないフレッシュタイプのチーズです。

牛乳にクリームを混ぜて作ったもの。

ニンニク&ハーブの入った「アイユ」黒こしょう風味「ポワブル」などがあります。

 

 今回購入したブルサンを作っているのは「ベル・ジャポン」。

パリに本社のある「フロマジェリー・ベル」社の日本法人。

ベルでは、クリームチーズの「キリ」「ベル・キューブ」が有名ですね。

 

このブランドのブルサンにも、ガーリック&ハーブ、ペッパーなどがあります。

今回はプレーンを食べました。

f:id:kimama2016:20170911192846j:image

食べ方は、パンやクラッカーにのせたり、サラダにトッピングしたり。

他にもオードブルやディップなど、いろいろ使えるようです。

f:id:kimama2016:20170911192903j:image

 

「ブルサン」を食べて見ました。

f:id:kimama2016:20170911192922j:image

封を開けてみました。

f:id:kimama2016:20170911192942j:image

そのままカットして、食べてみます。

ナイフを使いましたが、スプーンやフォークで簡単に切れますね。

味はクリームチーズに近いです。それよりもやや塩味を強く感じます。

酸味はほどほど。フレッシュでシャープな味わい。

そして特筆すべきは、その柔らかさ。口の中でふわっと溶けていくような滑らかさ。

クリームチーズのねっとりとした感じと、ここが大きく違いますね。

ほろほろっと崩れていくような感じがあります。

f:id:kimama2016:20170911192957j:image

焼いたパンにのせてみました。

シャープな味わいが少し円やかになったような…。

塩味が丁度よく感じられます。

甘みのあるレーズン入りのパンには、より合いそうですね。

ワインにも合わせて見たいが、家に無し。

 

栄養価はこんな感じです。(まるごと1個で100グラムです)

f:id:kimama2016:20170911193013j:image

カロリーも、換算した塩分も、思ったより高くないですね。

 

もう少し安く買えると嬉しいのだが…。

今回購入したブルサンは、定価で498円(税別)。

消費期限が近くて値引きしてあったので買いましたが、定価では買いづらいです。

弁当1個分ですものね(笑)

これ1個食べてもお腹は満たされないし。

 

そういえば、EUとのFTA交渉はどうなったんだっけ?

軽く調べて見ると…。

7月に大枠で合意しているらしい。

細かい作業はこれからなのでしょう。

そして現在EUからの輸入チーズには、29.8%の関税がかかっているとのこと。

高い訳だ。

 

このブルサンは日本法人で作られているので関税はかかっていないが、

EUからの輸入品が下がれば、これも下がるのではないか?

まあ、国内の酪農家の保護があるので、簡単には進まなそうですけどね。

 

インドに原発売ってないで、こっちの交渉をまとめて欲しいものです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。