MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

嵐の木曜日 「Thursday Night」。今年の5月、木曜日は何かが起きる!

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

今月は、木曜日が変です。

どちらかと言えばのんびり営業になることが多い日。

しかし…。先週の木曜日も大荒れの展開に。

 

そして昨夜も。おいおい…。

常連さんの席予約(3名)がありました。

木曜日。

給料日とは言え、特に警戒する必要もないでしょう。

通常の仕入れと仕込みで臨みました。

 

予約時間の15分程前に、その常連の子がやって来て、

「今日、7人になります。」

「はい!?  7人??  まあ、大丈夫ですよ。

席も空いてるし。(連絡してくれ~:心の声)」

 

まあまあ、いいでしょう。

木曜日だし。

料理が少し遅れるかも知れないけど。

 

徐々にメンバーが集まり始め、飲食開始。

特に問題もなく、ドリンク、料理と提供していました。

 

ひとり、またひとりと、やって来て…、

さて、全員揃ったかな?

いち、に、さん…はち、く…?

あれ?9人??

「すいません。9人になっちゃいました。」

「あ、はい。まあ座れれば大丈夫ですよ

(何てアバウトな予約だよ:心の声)」

 

その後、一般のお客様も来始め、ばたばたしていると…、

酔っ払い気味の4名様がいらっしゃいました。

「あ~、いたいた~。お疲れ~。」

「あ~、来た来た。お疲れ様です!」

…は??まさかまだ増えるんかい??

 

当然、あと4人は座れません。

すると、なんということか。

パーテーションを勝手に外して、隣の席も使い始める始末。

「おいおい、自分の家じゃないんだぞ。

好き放題やるな~!(小声でつぶやき)」

「ごめんなさい。また増えちゃいました。」

絶句…。

 

もともと3人の席予約が13人に増殖するって…。

それも当日に。

事前に連絡があれば、それ相応の準備ができたものを…。

f:id:kimama2016:20170928085108j:plain

予約をするときの注意。当日の心得。

  • なるべく正確な人数を伝えよう。
  • 変更があればなるべく早く連絡しよう。
  • 不確かな部分はその旨伝えて了解を取ろう。
  • 自分の家ではないことをしっかり認識しよう。

子供ですか? 

新人さんの研修ですか?? 

はぁ~、疲れるなぁ~

 

まぁ、いいです。

忙しい週末並みの売り上げを木曜日にたたき出したので、良しとしましょう。

しかし…、今月の木曜日は何かが起きる。

It's so Thursday!Thursday Night!

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。