MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

人間は気温が20℃を超えると活性化する!?(個人的な仮説です)

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

昨日は暖かかったですね~。

東京で最高気温24.2℃、最低15.6℃でした。

 

昨夜の店は明らかに人の動きが違っていました。

皆が皆、急に飲みに行きたくなったとは思いませんが、昨日は何故か来るは来るは。

5個しかないテーブル席が事前の予約で全部埋まってしまい、電話予約のお断り2件。

来店されてのお断り2件。

小さな店がごった返してました。

(こんなことは滅多にないです。年に2~3回?笑)

 

 

そこで、ひとつの仮説。

桜の花が、2月1日から日々の最高気温の合計が600℃(平均気温の合計が400℃とも)になると開くと言われるように、

人間も長かった冬から目覚めて、本格的に活動し始める気温があるのではないか?

そのラインが最高25℃、最低15℃、平均?20℃なのではないか?

ほぼ昨日の気温が当てはまります。

勝手に考えただけですが、生物学?の専門の方、いかがでしょう?

 

f:id:kimama2016:20170508123201j:plain

 

最近、「人間てやっぱり生物(動物)なんだな」と感じることが多くあります。

なんだかんだ言っても自然の変化に、本能的に身体が反応しているのでは。

だからみんなが同じような行動をする…。

 

ともあれ、来店が集中することは、飲食店にとっては辛いことが多いです。

せっかく来て頂いたのに、お断りせざるを得ないのも辛いし、

オーダーが集中してお待たせしてしまうのも辛い。

そして何より自分の身体が一番辛い(苦笑)…。

 

店がもっと広くてスタッフもたくさんいれば対応できるのに、と思いつつ…、

暇な時は「店が狭くてひとりやってて助かった」と思う。

わがままなだけなのです。

 

今日も暖かいですが、今夜の営業はさてどうなるか?

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。