MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

もう慣れましたが…、飲み屋の日常的な光景。働いた人には分かる「飲食店あるある」。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

昨日、一昨日と、予想外に店が混みました…。

忙しいのはいいことなのですが…、

想定を超えてしまうと色々問題が発生します。

 

食材の品切れ、仕込み不足による提供遅れ、

対応が行き届かない、呼ばれてもすぐ行けない、

溜まる一方の洗い物…等々。

 

そしてそんな時に限って…、

来店が被る、

問い合わせの電話が鳴る、

少ないメニューばかり注文される、

ちょうど物が切れる(調味料とかラップとか生ビールとか)、

落とす、こぼす、壊す…。

「飲食店あるある」ですね。そして疲れが倍増します…。

 

f:id:kimama2016:20181106094238j:plain

 

・・・・・

 

ところで最近、特にサービス業の人手不足が伝えられています。

それにより、

閉店やら(某居酒屋チェーン?)

営業時間短縮やら(ファミレスチェーン?)

奨学金制度導入やら(牛丼チェーン?)

対応を迫られる企業が多いとのこと。

 

サービス業はなかなか機械やITに置き換えられないですからね。

労働市場の需給が逼迫してくると、この業界はホントに苦労します。

 

でも残念ながら?ウチの店は人手不足の影響はありません。

なぜなら、ウチは原則ワンオペなのです(苦笑)

究極のワンオペですね。

どうしてもヤバい時は家族(又は常連さん)にヘルプ頼みます。

 

 

普通の日は平常体でやって、

混んだらギアチェンジして頑張る。

暇ならちょっとグダる。

そんな感じで気楽にやってますが、

ワンオペで混んだ時の心理的ストレスは、半端ないですね。

誰も助けてくれない。それはしんどいです。

「もうイヤだ。やめたやめた!」といって全部投げ出して逃げ出したくなる…、

そんなことが、無くも無いです(苦笑)

 

店が混んでどうにもならなくなっている悪夢をよく見ます(汗)

あとは自営業全般に言えるのでしょうが、

自分に何かあったら店を休むことになります(=収入即ストップ)。

 

何かとリスキーでスリリングな日々ですね。

決してMな訳ではありませんが…。

 

それでも来て頂けるお客様にはホントに感謝しています。

満足して頂けるよう、体力が許す限りワンオペで(笑)頑張っていこうと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。