MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

ある日のお店。生姜焼きと、ウイスキーのこと。…雑記ですね。

お疲れ様です。KIMAMASTERです!

 

3月ももう半ば、「時の流れが早いな~」と感じます。

昨日はホワイトデー。

お客様からバレンタインにチョコレートを貰ったので、お返しを用意していたのですが…。

来店されず。

今度来られた時に渡そうと思います。

 

その代わり??

ちょうど一か月前、一緒にマラソン大会に出走した常連さんが来店されました。

メニューにない「生姜焼き」を注文されたので、特別に作りました。

 

[自分の生姜焼きレシピ]

  • 玉ねぎ 1/4 くし切り
  • 薄切り肉 100~120g
  • 酒 大2
  • 醤油 大1
  • みりん 大1
  • 生姜のすりおろし 15g

上記のタレに、肉と玉ねぎを絡めて(漬け込みません)、フライパンで焼く。

弱火~中火で、ゆっくり、じっくり火を通す。

 

普通の食材と調味料、簡単な手順で出来ます。

あさつき、ごまを振りかけ、きゃべ千でも添えれば、500円位とれます(笑)

ごはん、味噌汁、たくあん付きで780円かな!?

 

常連さんは、無茶振りが多いです。

メニューにないものとか、よく注文されますね。

でも、できる限り対応しようと思っています。

 

・・・・・

 

f:id:kimama2016:20170315115150j:plain

 

そして、新入荷のウィスキーの紹介を。

 

「キルホーマン マキヤーベイ」

キルホーマンは、スコットランドアイラ島で2005年に創業した、新しい蒸留所です。

「手造り、少量生産、原料へのこだわり」

そんなイメージの蒸留所で、まだ創業間もない分、熟成は若いですが、

作り手の熱さを感じられるウィスキーです。

自分もBARに行くと、最近よく飲みますね。

 

キルホーマンのウィスキーは…、

フレッシュで荒々しく、良い意味で強烈なインパクトのあるものが多い。

そのフラッグシップ商品である「マキヤーベイ」は、力強い味わいで、

キルホーマンの中では、バランスの良い商品だと思います。

 

「ジュラ スーパースティション」

こちらは、スコットランド、ジュラ島のウィスキー。

まだテイスティングしてませんので、後日、印象を書きます。

 

今日は途中からスマホで書きましたが、書きずらいですね~(汗) 

スマホにキーボード付けたいなぁ~(苦笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。