MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「加熱式タバコ」のこと。これで吸う人と吸わない人が共存できるのか?

こんにちは!KIMAMASTERです。

 

昨日の「屋内全面禁煙」の続きで…。

 

フィリップモリスが紙巻タバコから撤退」とのニュースが。

 

うちの店の喫煙率はざっくり60%前後。

通常の統計よりもかなり高いですね。

日によっては90%超えみたいな日もあります。

そのうち加熱式タバコ10%強かな。

 

加熱式タバコを実際に見ていると…、

煙(水蒸気?)は少なく、タバコ特有のニオイもほぼありません。

 

これなら、他の人に影響なく吸ってもらえるのではないか。

なぜか品薄でなかなか買えなかった加熱式だが…、

PMが加熱式に注力し、JT他も本格参入となれば、供給不足は解消されるだろう。

これぞ、吸う人と吸わない人が共存する道だ!と思ったのですが…。

 

「加熱式タバコも現時点では規制対象とする(案)」との報道も。

 

現時点では、加熱式タバコの健康への影響が、はっきり分からない。

よって、ちゃんと調べてから決めます、ということ。

 

確かに、煙やニオイが無くても、健康への影響があるなら、規制するしかない。

これは結果を見守るしかないのだが…、

もしOK(つまり健康被害が認められない)となれば、

今もめている色々な問題が解消されるのではないか?

 

喫煙者にとっては今まで通り、飲食店の店内で吸える。

非喫煙者にとっては、煙やニオイ、健康被害から解放される。

飲食店にとっては「全面禁煙。ただし加熱式タバコは可。」と表示するだけで、

特に喫煙スペースを設ける等の設備投資がいらない。

 

加熱式タバコの価格や供給、品質、メンテナンス等の問題はありますが、

現時点では一番いい解決策なのでは?

となると、厚労省の調査結果が全てを左右しそうです。

f:id:kimama2016:20190121000041j:plain


ところで、

電子タバコ」「加熱式タバコ」「電気加熱式タバコ」といろいろな表記があって、

厳密には異なるのでしょうが、違いがよく分かりません。

今日は「加熱式タバコ」という表記にしました。

 

※あくまでも個人的な見解です。

いろいろな意見があることを承知したうえでの、自分の考えですので、ご了承下さい。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。