MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

確定申告しました。「決算書」は自分にとっての1年間の集大成。大事な仕事です。

こんにちは!KIMAMASTERです。

 

平成28年確定申告書を提出しました。

個人事業になってから10回目の申告です。

 

事務処理としては少々面倒なのですが…。

昨年一年間の仕事の総まとめですので、やりがいのある作業ではあります。

 

雑多な資料や数字がルールに則って整理され、決算書、申告書に完結していく…。

ある意味、ちょっと気持ちいい工程ですね。

重要だがバラバラになっているパーツを組み立てて、形あるものに変えていく。

自分にとっての決算・申告書作成は、そんな印象の作業です。

もちろん税金の確定もありますが。

 

そして出来上がった書類は、昨年一年間の自分の活動を凝縮したもの、となります。

 

f:id:kimama2016:20180904075002j:plain

・・・・・

 

思えば10年前…。

19年間のサラリーマン生活に終止符を打って、独立しました。

 

簿記の知識はあったので記帳や決算処理はできましたが、税法の知識は無し。

そこでノウハウ本やネット情報を駆使することに…。

それでも分からない時は、国税庁に直接電話で問い合わせをしました。

特に減価償却が、途中で法律改正があったりして、苦労したのを覚えてます。

 

さすがに最近は特に処理に困ることは無くなりました。

特に国税庁HPの確定申告サイトを使うと、

必要な数字を入力するだけで面倒な計算を自動でやってくれるので、とても便利です。

(手書きでやっていた頃に比べると、大幅な労力削減に!そして正確)

 

・・・・・

 

これが終わると去年の自分の仕事に一区切りがついた気分になりますね。

すでに2か月が過ぎましたが、今年はどんな年になるでしょう?

しかし、この時期に店が暇なのは、毎年のことながら助かりますね…。(汗)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。