MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「週イチの休肝日」を習慣にするまでの試行錯誤。生涯、お酒と良いパートナーでありたい。

こんばんは。KIMAMASTERです。

 

今日は月曜日、「月曜日は定休日」です。

そして、週に一日だけとっている休肝日」です。

 

「肝臓」を気にし始めたのは、たぶん40代中頃。

(数値が悪化した訳ではないが、仕事柄、飲酒量が多くなるので。)

特にルールを決めず「休肝日」をとっていましたが、忘れてしまうこともしばしば。

やはり何か基準を決めなければ…。

 

そこで、最初は「定休日の翌日の火曜日」に設定。

なぜなら、休日には飲み過ぎてしまう事が多い。

そのダメージを少しでも和らげねば…。

(単に飲みたくないだけ、かも)

 

しかし、やって見ると、

仕事のあった日に飲まない、飲めない、というのは、

なかなかしんどいことでした。

かえってストレスが溜まる…。

 

それなら「仕事の無い日を休肝日にすれば?」と考えたのが、2年くらい前。

今では「定休日=休肝日」が定着して、特に苦も無く回っています。

(飲み会が入った時だけ、前後どちらかにずらします。)

 

お酒が好きです。お酒の無い生活も仕事も、考えられません。

ただ、この年になると、身体にダメージがあることも分かります。

生涯、飲み続けたいのです。死ぬまで、お酒とお付き合いしていきたい。

そのために、今できることはやりたいと思うのです。

 

ちょっと大げさかもしれませんが、自分にとっての「お酒」って…、

人生の中でそれくらい重要な要素になっています。

 

↓↓↓特にシングルモルトは欠かせないアイテムです。

f:id:kimama2016:20170226012747j:plain

ちなみにブログは、仕事が終わって帰宅してから家のパソコンで書いてます。

当然飲みながらなので、翌日読み返すと…。

おかしな表現や変換ミスが発覚し、慌てて修正することが多い(汗)

今日はしらふなので、大丈夫だと思います(笑)

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。