MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

個人経営の飲み屋に「宴会」は必要か?忘年会の季節にその効用を考える。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

12月ももう半ば。忘年会シーズンも佳境に入ってきました。

ところで…、個人経営の飲み屋に「宴会」は必要なのでしょうか?

 

f:id:kimama2016:20171212095130j:plain

 

お店にとっての「宴会」のメリットは?

  • 売上や利益が確実に見込める。
  • 人数がまとまるので、売上額が大きくなる。
  • 席の無駄がなく、席効率が良い。
  • コース料理になるので、事前に準備ができる。
  • それに合わせてスタッフの投入ができる。

 …などなど。メリットが大きいものです。

 

「経営を安定させるために、なるべく宴会を取りたい」

そう考える飲食店の経営者は多いはず。

特にチェーン店など大型店では、宴会は是が非でも取りたいところ。

 

個人経営の飲み屋のジレンマ。 

しかし個人の飲み屋は一概には言えません。

「宴会」「一般客」どちらに重点を置くかにかかっています。

 

小さい店では、「宴会」と「一般客」を同時には入れられない。

「宴会」で席が埋まると、一般のお客様が入れなくなる。

でも、経営のためには宴会も欲しい。

ジレンマです。

どうするかは店の立地、形態、客層、によって店主が判断するでしょう。

 

ウチの店は完全に一般のお客様がメインです。

宴会はあくまでもプラスαという立場。

 

飲食店サイト「ぐるなび」について。

 そして、宴会を取るために効果があるとされているのがぐるなびです。

ウチも開店当初から利用しています。

一番安いプランながら、それなりに宴会の予約が入ります。

ただ10年近く経過し、その効果はだいぶ薄れて来ている印象です。

 

今となっては、もう「ぐるなび」は必要ないかも知れません。

一番安いプランとは言え、月額10800円の固定費。

ブログなどでちゃんと店の紹介や宴会プランなどをアップしておけば十分。

来年は思い切って、その方向で行こうかと考えています。

 

ブログの方が自由に作れるし、なにより楽しそうです。

ぐるなびのページを更新するのって、なんかつまらない。

決まったカタチに当てはめていくだけなので、最近全然更新してない(汗)

 

「宴会」に対するモチベーションは?

もうひとつ、宴会をやっていて感じること。

なんかつまらない(苦笑)

 

料理はほぼ事前の仕込みなので、「料理」というより「作業」なんです。

ドリンクも飲み放題で、酔っ払って騒ぐために飲むようなもの。

時間制限もあるので、味わうことなくハイペースで飲み続ける。

 

自分の描くお店のあり方とはかけ離れています。

だからやっててつまらない。

売上や利益のために、作業している印象です。

もちろん楽しんで頂けるようにやってますが、イマイチ気持ちが入っていかない。

 

経営の安定のために、ある程度の宴会は必要だと思います。

でもそこは大型のチェーン店にお任せしたい。

 

もっと丁寧に仕事をし、お客様と近い距離で親身になって接する。

それが個人経営の飲み屋の役割であり、人と人が接する機会が減って、関係が希薄になっていくこれからの時代に、飲み屋が存在価値を発揮するひとつの場面であると思うのです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。