MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

西洋野菜を食べて見ます。今回は「カーボロネロ」「黒だいこん」など。さてその味は?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

いよいよ12月ですね~。忘年会のシーズン突入です。

週末は忙しくなるので、サブブログも含めほぼ毎日更新してきたブログも、多少更新のペースが落ちそうです。

出来る限り、書きたいと思っています。

 

そして、ネタに困った時は「食べ物」記事。

書くのが楽です。最近、増えている気がします。

今回も「食べ物ネタ」で凌ぎます。

 

ケールの仲間「カーボロネロ」を食べて見た。


f:id:kimama2016:20171130125340j:image

イタリア、トスカーナ地方原産で、ケールの仲間です。

日本では「黒キャベツ」とも呼ばれているとのこと。

球根しないキャベツの一種ですね。

f:id:kimama2016:20171130125414j:image

ケールの仲間ならば、炒めればおいしいはず。油でさっと炒めて食します。

硬いですね~。特に茎の部分。葉も硬い。炒めてもかなりしっかりしています。

他のケールに比べると、甘みが少なく、苦みがやや強いです。


f:id:kimama2016:20171130125429j:image

牛肉の切れ端が残っていたので、一緒に炒めて見ました。

好みもありますが、以前食べたケールの方が美味しく感じられました。

 

kimama2016.hatenablog.com

 

 

西洋の根菜も食べて見ます。

 過去の記事です。

kimama2016.hatenablog.com

 

今回の野菜。 

手前から「黒だいこん」「黄にんじん」「ビタミン大根」「紫にんじん」


f:id:kimama2016:20171130125532j:image

 

黒だいこんはヨーロッパでは比較的身近な野菜で、フランス料理ではよく使われます。 

黒だいこんをカットして見ます。

中は真っ白。大根そのもの。皮は真っ黒。


f:id:kimama2016:20171130125550j:image

「黒」というのは中々抵抗がありますが、そのまま食べられるとのこと。

生食だと辛味が強く、加熱するとあまり感じなくなるようです。

普通のニンジンも加えてコンソメスープを作って見ます。


f:id:kimama2016:20171130125614j:image

 

「紫にんじん」を切っていると、紫色が包丁やまな板に着くので、「スープに入れるのは危険かな~?」と思いましたが、残してもしょうがないので入れちゃいました。

 

すると…。

予想通りの結果に。


f:id:kimama2016:20171130125654j:image

 

スープが紫色に変色。

アントシアニンなので、身体にはむしろ良いのでしょうが、いかにも不味そう。

料理の色って大事ですね。

 

そこで方向転換。トマトとベーコンを加えて「トマトスープ」に。


f:id:kimama2016:20171130125711j:image

 

結局、こんなスープになりました。根菜たっぷりのトマトスープです。

味の方ですが…、

黒だいこんは、ほくほくする食感があります。

黄にんじんは普通のにんじんに近いですが、青臭さが少し強いです。

ビタミン大根というのは入れてません。

後日、食して記事にします。

 

・・・・・

 

スーパーに買い出しに行く度に、面白そうなものが目に止まります。

ついつい好奇心で買ってしまいます。

それを調理して食べる。

さらにブログ記事にもなる。

まさに一石二鳥です。

 

 

新しいものを試したり、知らないことを知るのは、いくつになっても楽しいですね。

まもなく52歳になりますが、まだまだ好奇心旺盛です。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。