MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

最近イライラすることが多い飲み屋のマスター。今度は困ったお客様にイライラして…。

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

最近、イライラすることが多いです。

歳、ですかねぇ。

一昨夜も困ったお客様にイラッとしてしまいました。

 

 

困ったお客様の行動とは?

 

時々来られる家族連れのお客様。

30歳前後の父母と、5歳と2歳くらいのお子様。

ウチは居酒屋ですが、お好み焼きなどもあるので、ご家族連れもいらっしゃいます。

こちらのファミリーもお食事中心のオーダー。

順調に食事が進み、そろそろ終盤へ。

お子様はすでに食べ終わっています。

 

そうなるとよく見かけるのが「子供が飽きてくる」光景。

思った通り、テーブルの周りで歩き回ったりしてます。

(靴を脱いであがるタイプの席になっています)

「まあ、しょうがないな。子供は飽きちゃうよな」と思っていました。

 

ご両親も一応「座ってなさい」というようなことは言っていました。

 

そのうち、下のお子様が走り始めます。

自分達のテーブル周辺だけではなく、隣、またその隣のテーブルの方まで走っていく。

 

(お客様の少ない(=ゼロではない)時間帯ではありましたが)

これはさすがに困る。転んで怪我するかも知れないし。

でも食事も終わってるし、間もなくお帰りになるだろう。

注意したいところだが、もう少し我慢するか…。

 

この後の通常の展開は、言うことを聞かない子供に対して、親が本気で怒る。

本気で怒られて、シュンとしておとなしくなる。(若しくは泣き出す)

まあ、そういう結末を迎えるのだろうな、と思っていました。

 

しかし、3回、4回と走り続けます。

 

「おいおい、いい加減にしろよ」だんだんイライラしてきます。

 

そしてこの後、驚愕の出来事が…。

 

 

父母がとった驚くべき行動とは?

 

それでも我慢していると、お母さんが言います。

「〇〇ちゃん、走れ~!」

お子様が走り出す。

「はやい!はや~い!」

 

「は!?なにやってるの??」

 

唖然としていると、それを見ていたお父さん。

こともあろうに、そんなお子様の姿を、スマホで動画撮影。

 

「(絶句)」

 

さすがに我慢の限界です。

少々きつめに注意しました。

バツが悪そうに、そそくさと店を出るご家族。

 

 

その時、どんな心理状態なのだろうか?

 

この時、父母は何をどう考えているのか?

その心理状態を無性に知りたいです。

 

想像するしかないのですが… 

・そもそも悪いことだと思っていない。

・最初に注意されなかったから、子供を走らせても大丈夫だと思われた。

・空いているスペースは全てキッズルームだと勘違いしている。

・子供がやることは、何でも許されると思っている。

・公の場所という感覚が欠如している。公と私の区別がつかない。

 

・・・・・

 

はたして真意はどこにあるのか?

このような親が今やスタンダードなのだろうか?

自分の考え方がもはや古くさいものなのか?

柔軟性が無くなって、頑固おやじになりつつあるのか?

 

・・・・・

 

そんなことはない、と思いたいが…。

いずれにせよ、自分の価値観とは相容れない行動です。

少なくとも、ウチの店ではアウトです。

 

f:id:kimama2016:20170825101543j:plain

 

以前、書いた「イライラ」記事。

シリーズ化できそうです(嬉しくないですが…) 

kimama2016.hatenablog.com

 

なるべく平穏に過ごしたい。そう願っています。

そう願っているのですが…。

なぜ世の中には、イライラする出来事が多いのでしょうか?

 

 

個人的なイライラ記事でごめんなさい。 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。