MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「カラースケッチ」も3分でできるらしい。半信半疑でやってみたら……これは面白い。

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

ブックオフでまたこんな本を見つけてしまいました。

カラースケッチも3分 スケッチは3分2/光文社新書

カラースケッチも3分 スケッチは3分2/光文社新書

 

 スケッチを始めるきっかけになった「スケッチは3分」の著者の本。

 

「カラースケッチも3分…」

いやいや、無理でしょ。色塗って3分ですか?

まあ、3分というのは「素早く描ける」くらいの意味だと思いますが…。

でもちょっと面白そうなのでやってみます。

 

 

着彩に何を使うか?

 

著者は「色えんぴつ」を勧めます。それも普通の12色セット。

水彩だと、水や道具が必要で、手軽さや携帯性に欠けるとのこと。

 

「色えんぴつ」かぁ。微妙な色は出しづらそうだな。

ところが、「重ね塗り」によって無限の色が表現できるとのこと。

「色えんぴつで重ね塗り??」

ちょっとイメージが湧きません。こんな時はやってみるに限る。

 

・・・・・

 

 

f:id:kimama2016:20170817074805j:plain

本の例を参考に「重ね塗り」を試して見ました。

 

なるほど。

確かに色々な色が表現できますね。微妙なアースカラーも出せそうです。

紙の質感も出るので、なかなか味わいがあります。

 

 

早速、手近にあるものを描いてみる。

 

f:id:kimama2016:20170817075315j:plain

湯呑み、徳利とお猪口、ナッツ入りの瓶。

個人的な感想ですが、色を付けることで表現の幅が広がります。

そしてちょっと馬鹿にしていた色えんぴつですが、見直しました。

f:id:kimama2016:20170817075834j:plain

「最近、スケッチをやってるんだ」と言ったら、知り合いが譲ってくれた筆セット。

これは色を付けないと表現しずらい題材でしたね。

 

 

「カラースケッチも3分」とは行かないが…。

 

さすがに3分は無理です(笑)

でも思ったより時間はかからない。なにより手軽なのがいい。

水彩だと準備や後片付けに手間がかかる。

そして想像以上に豊富な表現ができそうな「色えんぴつ」

これはおもしろい。

 

こうなると、外に出てみたくなりますね。

当初は「酒」をテーマに、暗~く室内にこもって描くつもりだったのですが(笑)

そこは自然な展開に任せましょう。

次回は「風景画」になるかも!?

 

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。