MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

軽自動車が白ナンバーに!?「ラグビーワールドカップ」の特別仕様ナンバーがあるらしい。

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

先日、車(軽)を車検に出しました。

その時、営業の方から、

「軽でも白ナンバーにできますよ。」

と言われたので、調べて見ました。

 

 

「特別仕様ナンバー」の企画があった。

 

どうやら2019年に開催されるラグビーワールドカップの特別仕様として企画されているようです。

自分は今回初めて知りましたが、みなさんご存知なのでしょうか?

 

「軽が白ナンバーに」と書きましたが、そもそもこの特別仕様は、登録自動車(自家用、事業用)、軽自動車の3種類があるようです。

 

出典:国土交通省プレスリリース

 

そして右上にロゴが入っただけの「寄付金なし」バージョンと、ラグビーの図柄も入った「寄付金付き」のものがあります。

 

新規での登録はもちろん、既存の車でもナンバーを変えずに交換可能とのこと。

(「き損、汚損による交換…」と書いてあるのが気になりますが、「汚れた」と言えば換えてくれるのでしょうね。たぶん。)

 

費用は7000円前後で、地域によって異なるそう。(東京都は7000円)

また、寄付は1000円以上で上限は無し

ネットでの申し込みも可能です。

 

詳しくはこちらに。

報道発表資料:特別仕様ナンバープレート申込開始 - 国土交通省

 

 

この企画について感じたこと。

 

この話を聞いた時に「換える人なんているのかな?」というのが正直な感想でした。

 

そもそも「ラグビーファン」ってどれくらいいるのでしょうか?

五郎丸選手の人気などで、一時よりはメジャーになった感はありますが、依然マイナースポーツな印象は拭えません。

手間かけて、手数料を払って、なんなら寄付をして、ラグビーを応援しよう!という人がどれだけいるのか?

しかも、ワールドカップが終わったあとも、そのナンバーを付けるわけです。ファンならいいが、一般の人には微妙ですよね。

 

・・・・・

 

この企画、もともとは2020年の東京オリンピック向けの企画だったらしい。

そこに「ラグビーワールドカップ」が乗っかったとのこと。

「オリンピック」なら分かります。

それにラグビーが乗っかるのは、あまりにも安易、という印象ですね。

 

寄付を集めたいのであれば、もっと手軽で簡単にできる方法にするべきだと思うし、多くの人に応援して貰いたいなら、もっといいアイディアがいくらでも出てきそうだが。

 

 

では、「ラグビーには興味が無いけど、軽自動車を白ナンバーにしてみたい」という人はいるでしょうか?

いたとしても、どうせ換えるなら「オリンピックの時にやろうか」と考えるのでは?

 

・・・・・

 

 それでも、その販売店では何台かの申し込みがあったようで、自分の感覚の方がおかしいのかもしれません。

 

そうだとしても…

 やっぱり「目的」と「手法」にズレを感じますし、「乗っかる」という安直さに違和感を覚えます。

「軽に白ナンバー」も自分にはその価値は理解できません。

 

 

 

「元」総理のご意向でしょうか?

 

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。