MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

生まれて初めて「パクチー」を食す。51歳での初体験の結果はいかに?

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

パクチー」を買ってみた。

 

近所のスーパーで、「パクチー」(千葉産)を見つけました。見切り品で30円だったので試しに買ってみました。

パクチー」はセリ科の一年草で、乾燥させたものは香辛料「コリアンダーとして使われています。生食する葉をタイ語で「パクチーと呼びます。


f:id:kimama2016:20170719160029j:image


f:id:kimama2016:20170719160214j:image

パッケージを開けて匂いをかいでみたが、この段階ではそれほど匂いません。草っぽい匂いがありますね。

見た目は「セリ」「イタリアンパセリ」「ミツバ」などの香草に近い印象です。


f:id:kimama2016:20170719160227j:image

裏面に食べ方がいくつか書いてありました。

 

 

パクチーを食す。なぜかドキドキする。

 

その中のひとつ。「冷奴」にのせてみます。

パクチーはそのまま生で食すことになります。


f:id:kimama2016:20170719160637j:image

味付けはポン酢で。

豆腐と一緒にたべましたが、独特のクセのある香りがあり、鼻に抜ける時に「うっ」となります。

これがパクチーのクセのある香りで、苦手の原因なのでしょう。

正直、自分もちょっとキツいです。

なんとも表現しづらい匂いで「何かに近い」というものが無い。

ネットで見ると苦手なひとは「カメムシ臭」に感じるとのこと。

この表現も「ピッタリ!」という感じではないです。

 

 

そこで、「焼き肉にのせて」と書いてありましたので、今日の賄いの炒め物にのせてみます。

さらに仕上げに擦りゴマとごま油をかけました。ごま油がクセを上手く和らげてくれると期待しました。
f:id:kimama2016:20170719161328j:image

それでもパクチーの主張が強くて、存在感がありありです。

ごま油も、具材のゴーヤも、パクチーの前では薄れますね。

 

 

これでもちょっとキツかったので、加熱して卵を加えてみました。

さすがにこれならいけるだろう。


f:id:kimama2016:20170719161733j:image

 

だいぶ円やかになりました。

が、まだまだパクチーはしっかりと主張してますね。

 

とにかく、1パック分は完食しました。

 

・・・・・

 

パクチー」を初体験した感想とまとめ。

 

やはり香りが独特ですね。何とも言えない匂いです。

味はあまり感じません。匂いが強くて、味どころではない。

 

「クセ」のあるものは、場合によっては嵌まることがあるのでしょう。

でも今の段階では、食べられないことはないが、あえて食べたいとは思わない、という感じです。

 

 

ここからは推測ですが…。

日本でいうと「ミツバ」と同様の位置づけなのではないか?

「ミツバ」はずっと食べているので、クセはあっても美味しく感じるが、タイやベトナムの方が食べたら、日本人がパクチーを食べた時と同様の反応を示すのではないか?

日本人もずっとパクチーを食べていれば、ミツバ同様、美味しく感じるのではないか?

 

つまり食べ物は、万人が美味しいと感じるもの以外は、食生活や幼い頃からの習慣によってかなりの部分が左右させるのではないか?と推測します。

 

 

そして、今回一番感じたことは…

パクチー」は和食には合わない、ということです。

エスニック料理に使ってみれば、もっと違った印象を受けたかもしれません。

 

もう食べないかも知れませんが(失礼)、生のパクチーの味(匂い)を知ることができたのは良かったです。

今後、何かの料理にパクチーが入っていても、「なんだか分からないが不快な匂い」(失礼)ではなくて、「この不快な匂いはパクチーだ」(失礼)と判断できますので。

 

パクチー好き」の方、重ね重ねの失礼な記述、お許し下さい。

 

・・・・・

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。