MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

最近イライラが多い飲み屋のマスター。朝倉南の気持ちが分かる(笑)

 

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

最近、ちょっとしたことでイラっとしちゃうんですよね~。

年、ですかねぇ。

歳を取ると頑固になるって言うし。

 

 

例えばこんな時に…。

スーパーでよくある光景。

 

仕事柄、よくスーパーに買い出しに行きます。

 

お子様連れで買い物に来ているお父さん。

子供たちがバラ売りの野菜を選別している。

「これがいい!」

「だめだよ、ちょっと曲がってる」

「じゃあ、こっち」

「うん、これいいね。あと4本……」

お父さんがそれを眺めてる。

・・・・・なんとも微笑ましい光景ですね。

f:id:kimama2016:20170716092429j:plain

 

しか~し!

売り場を占領して、長々と選ぶ。

みんな買おうとして待ってる。

この状況はどうなのか?

空いてる時ならいいんですけどね…。

 

子供に責任は無いです。

親に対してイラっとしてしまうのです。

 

 

こんな時こそ学ばせるべきでは?

 

家族で買い物、いいですね。

子供に選ばせる、よくあることです。

野菜の見分け方、教えるのも結構です。

 

しかし、こんな時こそ「公共の場ではどうするべきか?」を学ばせて欲しいのです。

「人に迷惑をかけないこと」

「周りに気を配ること」

「お互いに譲り合う心」

そういったことがより重要だし、むしろ学びの格好の機会ではないか?

 

「古いな~!」「昭和のおやじか?」と言われそうですが、普遍的に変わらない価値もあるはず。

 ・・・そんなことを考えてると、段々イライラしてくるのです。

 

 

イラっとした時どうする?ちょっとしたヒントが…。

  

こういう「ちょいイラ」が最近多いんですよね~

ホントはイライラしないで、笑ってやり過ごせればいいのですが…。

 

・・・・・

 

そんな時に、またブックオフの100円コーナーで見つけた本。 

 

この本から得られたヒントは…

 

「感情的になる人」は「思い込み」が強すぎる。

確かにそうかも知れない。

 

上の例で言えば、

父親はこうあるべきだ」

「公共の場ではこうするべきだ」

「こうでなければいけない」

という思いこみが強すぎる。

自分の考えはひとつの見方にすぎず、「私はこう思う」というだけのこと。

そういう柔軟性を大切にしよう。

 

 

また、イヤな感情が起こったら放っておく。

感情は放っておけば、だんだん収まってくるもの。

イライラしても放っておけばそのうち収まる、と気楽に考えよう。

 

・・・・・

 

そんなこんなで、イライラとも、自分の感情とも、うまく付き合っていけたらいいな、と思います。

なかなか難儀ですよね~、自分自身をコントロールするのって。

50超のおっさんでも、こんなもんです。

まあ、気楽にいきましょう。

曖昧さも大事、ってこの本にも書いてありましたので。

 

 

 長い文章をお読み頂き、ありがとうございます。