MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

サッポロ一番塩ラーメン、CMの「冷やし」を作ってみた。

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

営業の始まる前に、軽く食事をします。

今日は、CMでもやっているサッポロ一番塩ラーメン」冷やしバージョンを作って見ました。なんとも暑いですからね~


f:id:kimama2016:20170712164054j:image

具材は店にあったもので、鶏の胸肉、小松菜、もやし、ミニトマトミニトマト以外は茹でて冷やして置きます。(めちゃめちゃヘルシーですね。)

また、スープは200㏄の水で溶いて置きます。

f:id:kimama2016:20170712164314j:image

 

麺は500㏄のお湯で4分茹で、冷水で冷します。

盛り付けは「冷麺」っぽく、ステンレスのボールに入れました。添付のゴマを振り、刻みのりをトッピング。

 完成です。

f:id:kimama2016:20170712171559j:image

 

作り方は、パッケージの裏面に書いてありました。

f:id:kimama2016:20170712171122j:image

 

さて、味はどうでしょうか?

全体を混ぜて、タレを絡めながら食べました。ちょっと薄いですね。具が多すぎたかな?

ちょっとインパクトに欠ける味ですね。同じスープを使っているので致し方ないですが、冷やしならもっと酸味が効いたり、何かしらピリッと締まる味が欲しいところです。

 

そして一番気になるのは、インスタントラーメンのメリットが無くなってしまうことです。

インスタントラーメンのいいところは、なんといっても「手軽さ」です。

今回、「冷やし」バージョンを作って見たのですが、結構手間がかかりました。また、洗い物も多かったです。

本来は鍋ひとつで完結できるのがいいところ。(勿論、具材を別に炒めた方がおいしいですが…)

鍋のまま食べれば(笑)、洗い物も極少で済む。その「手軽さ」を失ってまで「冷やし」にする価値は、残念ながら感じられません。

 

同じ「冷やし」を食べるなら、普通に「生麺の冷やし中華を作った方がいい。そんなに手間は変わりませんよ。

夏場は売り上げが落ちるのでしょう。苦肉の策、と言ったところでしょうか。

5食入りパックを買って、残り2食。汗をかきながら、「温」で食べようと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

スマホで書いたので不備があったらごめんなさい。)