MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

今週のお題「もしも魔法が使えたら」きれいさっぱり、消去したいものがある。

 

お疲れ様です。KIMAMASTER、51歳、飲み屋のマスターです。

 

今週のお題「もしも魔法が使えたら」

 

「もしも魔法が使えたら」・・・

この世からきれいさっぱり消去したいものがあります。

 

 

①「G」のつく虫

 

飲食店をやっていると、「G」をいかに侵入させないかに苦慮します。

もちろん、店内で発生させないようにするのは当然のこと。

しかし、奴らは僅かな隙間からでも侵入してきます。

毎年、バトルを繰り広げることになります。

 

ですので「もしも魔法が使えたら」…

この世から、きれいさっぱり消去します。

 

 

②「タバコ」

 

自宅などで吸われるタバコまで消去したいとは思いませんが、

歩きタバコや公共の場でのタバコはすべて消去したい。

この場合はきれいさっぱり消去するというよりは…

魔法を使って、

「公共の場では吸えないタバコ」

に変えてしまおう。

 

 

③「雑草」

 

こちらも毎年バトルになります。

春先から秋口まで、かなりの時間と労力を使うことになります。

小まめにむしらないと、見た目も良くないし、虫たちも住み着く。

何よりも、雑草たちをつけ上がらせる気がするのです。

「ここなら安心して生えられるぞ」(雑草たちの声)

そうなったらいけないと思い、最近はなるべく早めにむしります。

 

でも、抜いても抜いても出て来る。

季節ごとに、品種を変えながら、必ずやってくる。

その生命力には感服いたします。

「こうなったら我慢比べだ。決着がつくまでバトルしてやる!」

 

でも・・・

「もしも魔法が使えたら」…

 この世から、きれいさっぱり消去します。

 

f:id:kimama2016:20170626163700j:plain

 

 他にもいろいろありそうですが・・・

まずは、自分の仕事や生活に影響があるものを、

「魔法」を使ってきれいさっぱり消去、

といきたいところです。

 

 

 

書いてみて思ったこと。

 

せっかく魔法が使えるのに、しょぼいなぁ~。

もっとスケールの大きいことに使えばいいのに。

 

空想力に乏しい、飲み屋のマスターでした。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。