MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

『7つの習慣』から学んだこと。「タバコ嫌い」への遍歴(後記)

 

お疲れ様です。KIMAMASTER、51歳、飲み屋のマスターです。

 

前回の記事で、

「飲み会で禁煙宣言したので、タバコをやめた」

と書きました。

 

文章にするとあっけないのですが・・・

そのバックにあった思考について、若干掘り下げてみます。

 

・・・・・

 

 

以前、自分の生き方を変えた一冊の本を紹介しました。

 

kimama2016.hatenablog.com

 

この時の思考にも、この本から学んだことが深く影響していました。

 

それは・・・

 

「主体性の本質は、約束を守ること、言行を一致させることである」

「小さな約束でもそれを守ることで、内的な誠実さが育成され、自制する力、人格の強さが作られる」

 

そこから、

「自分で決めたり、言ったりしたことは、自分との約束である」

「自分自身とした約束は守るべし」

というのが、自分の信条になっていました。

 

「酒の席」とはいえ、自分の言葉として発した以上、それは守るべき約束。

自分に嘘をつきたくない、自分を裏切りたくない。

そんな思いがバックにあって、禁煙の実現へとつながるのでした。

 

・・・・・

 

 もちろん、すぐにそういった信条が内面化されたわけではありません。

何度も読む中で少しずつ理解を深めていきました。

ほんの小さい約束をして、それを守ることを続けて、習慣にしていった。

それがしっかりと「信条」と言えるまでには、かなりの時間を要しています。

 

 

日々の生活の中で、そんな行動を継続することによって、

最近ではその「信条」が、自分の行動をコントロールする力の源泉になってきた。

そう感じられることが多くなっています。

 

 

・・・・・

 

 

この他にも「7つの習慣」から学んだことが数多くあります。

いろいろな場面で自分の生き方や考え方を支えています。

会社を辞めて独立したのも、バックにはこの本からの学びがありました。

 

 

自分の生き方を大きく変えた「7つの習慣」。

今後も自分の体験の中から、その一部を紹介していきたいと思います。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。