MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

久しぶりに都内で飲み歩く。東京駅~八丁堀 。Part Ⅱ

お疲れ様です。KIMAMASTER、51歳、飲み屋のマスターです。

 昨日の東京飲み歩きの続きです。

 

 そろそろ日本酒にいきますか。

 

3件目に立ち寄ったお店がこちら。

 KUNIZAKE-YA|クニザケ屋

 銀座一丁目の一角にたたずむ、一見カフェ風のお店。

全国の地酒をメインに揃えた、スタンディング・ショットバー

7~8人で一杯になりそうな小さなお店です。

 こういった品揃えのスタンディングバーは珍しいでしょう。


f:id:kimama2016:20170614013103j:image

 

都道府県ごとに1品、揃えているようです。

お店のコンセプトが「お酒で日本を旅しましょ」だそう。


f:id:kimama2016:20170614013119j:image

おつまみも地名入りで、日本地図と一緒に掲示されてました。

 

そこで出会ったお酒とは・・・

さて、何を注文するか?

奈良萬」「黒牛」「玉川」など、いくつか知った名前もありましたが、ほとんどが知らない銘柄ばかり。しかも、都道府県名と銘柄名しか表示が無く、注文しづらいですね。

雰囲気で福岡の「比翼鶴」と、奈良の「花巴」を注文しました。


f:id:kimama2016:20170614013150j:image

 

この「花巴はなともえ、飲んで見ると、とても酸っぱいのです。

 

「水もと」という造り方で、生米を水に浸して乳酸発酵を促し、酸度を高めることで安全に醸造するという、室町時代に生み出された技術とのこと。それが「酸っぱさ」の要因でした。

さらに、酵母無添加、日本酒度はー10前後、酸度は4.0前後と、今までに全く体感したことのない日本酒の世界を味わいました。

 

美味しいかどうか、好きか嫌いか、そういったことは抜きにして、東京のど真ん中で、室町時代の製法で作られたお酒に出会えた、ということが感激です。

 

そして「比翼鶴ひよくつるこちらも飲んで見ると、やっぱり酸っぱい。

スペックを見ると、酸度2.6と高めです。

無濾過生原酒ですが、「水もと」のような特殊な造りではないようです。

 

 

 その後、岐阜の「白真弓しらまゆみというお酒を飲みましたが、写真を撮り忘れました。

味は割と普通だった気がします。前のお酒のインパクトが強すぎたか?

また、少々酔いが回ってきております。

 

お酒はワイングラスで提供されます。

1ショット120mlくらいでしょうか。

一緒にミネラルウオーターを出してくれるのが嬉しいですね。

日本酒は割らない分、うまく調整して飲まないと後で後悔しますので。

 

 

店から外を眺めるとこんな感じ。

f:id:kimama2016:20170614013136j:image

 

さて、そろそろ最後のお店に向かうことにしましょう。

八丁堀がゴール地点になります。

またまた長くなってしまったので、次回でまとめます。