MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「屋内全面禁煙」の実現に向けて、あの失言が最大級の追い風に。

受動喫煙防止の動きについてウオッチしてきました。自民党に骨抜きにされそうでしたが、大西議員の「ガン患者は働かなくていい」発言で、流れがちょっと変わった感じがします。

 

「タレントやアスリート、企業経営者、医師や大学教授ら200人あまりが厚労省が目指している「建物内禁煙」の実現を求めて声明を発表」

向井亜紀さんや為末大さん、7&IHD常務、東大教授、医療関係者らが参加しているそうです。

 

「日本禁煙学会が、屋内全面禁煙を求める要望書を安倍晋三首相や厚生労働省自民党に送ったと発表」

そんな学会があるのですね。

 

そして、都議選の公約に各政党がそろって(自民都連も)・・・

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp

下村博文都連会長の「国の法律がどうなるかは関係ない。東京は東京できちんとやる」との発言。選挙用のリップサービスでないことを祈ります。(こうやって期待して裏切られるのが常だが。それでどんどん政治不信になることを忘れないで欲しい)

 

そして来ました~!前回の記事で厚労相、もっと頑張れ!」と書きましたが、自民党案に妥協せず、抵抗している様子。頑張れ~!もう失望させないでくれ~!

headlines.yahoo.co.jp

 

これで仮に屋内全面禁煙が実現したならば、最大の功労者は大西議員ということになるのだろうか? 決して許されない発言だが、その発言が全面禁煙実現のきっかけになったなら、なんとも皮肉な結果ですね。

 


kimama2016.hatenablog.com

kimama2016.hatenablog.com

kimama2016.hatenablog.com