MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

こどもの日に想う、日本の少子化について。(昨夜の営業より)

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

今日はこどもの日ですね。今回は昨夜の営業から、日本の少子化について感じた事を記します。

2日、3日に比べると、落ち着いた展開となった昨夜の営業。GWというと例年、たちの悪い若者たちが増殖する傾向があるのですが、最近はやや減っており、今年も今のところ特に問題はありませんでした。昨日も全体的には平穏な一日でしたが、1組の若者グループが静寂を引き裂きました。そのグループの構成は、20代前半女子、同半ば女子、30代前半女子、20代半ば男子の4人。どう引き裂いたかと言いますと「大ボリューム」「下ネタ連発」そしてその下ネタが「リアルすぎる描写」聞いてるこっちが赤面してしまうような内容で、まさか「もう少し静かな声で」とも言えず辟易していました。他のお客様が少ない時間帯でよかったのですが、ほどなく明らかに草食系と思われるカップルが来店されカウンター席に。下ネタグループのトークがまる聞こえの位置。草食系カップルは、大ボリュームの下ネタ話が、聞こえてないのか、聞こえないふりをしてるのか、ひそひそ声でスマホ見ながら喋ってる。「うわぁ~気まずいなぁ~」でもそのうち、下ネタグループのバースデーイベントがあり、下ネタ話はストップしました。あ~、よかったよかった。こっちが妙に気を使ってしまいました。でもこんなに肉食系の若者たちがいれば、少子化に歯止めがかかるのでは?」と淡い期待を抱いてしまいそうです。

そしてバースデーと言えば、5月4日は江戸川コナン」君の誕生日らしいっす。知り合いの女子が「コナンカフェ」に行って誕生日をお祝いするんだ!って言ってました。守備範囲の外なので、詳細は不明ですが。さらに最近「VR」なるものが普及しはじめているようです。アニメの世界で恋をして、バーチャルの世界で満足してしまう、う~ん、少子化に歯止め」は難しいですかね。VRが一般化し、よりリアルな体感を得られるようになってしまったら、もう絶望的だと思います。少子化というか、人類にとってもっと大きい問題になりそうな、嫌な予感がします。