MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

シャケトラ?鮭虎?幻のイタリアワイン?・・・馬名のはなしです。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

今週の日曜日、伝統のGⅠレース天皇賞(春)が行われます。そのレースの有力馬の一頭に「シャケトラ」なる馬がいます。最近、ちょっと変わった名前の馬が多いですが、この馬もそう。馬名を付けるのは馬主の特権ですが、この馬の馬主はあのディープインパクトを輩出した金子真人ホールディングス。そしてこの「シャケトラ」は「鮭虎」ではなく、「イタリアの幻のデザートワインの意味だそう(知らないよ~)。

そこで、飲み屋のマスターとしては、お酒とかカクテルの名前がついた馬をちょっと調べてみました。

ウオッカ

22戦10勝、牝馬ひんばと読みます。メスの馬です)での日本ダービー制覇を含め、GⅠ7勝。お酒のウオッカは、カクテルベースなどでよく使われる蒸留酒

タニノギムレット

8戦5勝のダービー馬。上記のウオッカのお父さんです。ギムレットジンベースのショートカクテルの名前。

グレープブランデー

9歳馬でいまだ現役の牡馬(ぼばと読みます。オスの馬です)。38戦7勝。GⅠフェブラリーSジャパンダートダービーを勝った、ダート(砂のコース)の強豪です。名前は「ぶどうのブランデー」普通のブランデーはぶどうが原料ですので、そのままですね。

「スティンガー」

21戦7勝。牝馬の2歳GⅠを勝ってます。スティンガーはブランデーとペパーミントリキュールを使ったショートカクテル。

ルージュバック

現役の5歳牝馬。14戦5勝でGⅠ勝ちは無いが、GⅡ、GⅢを3勝、オークス2着の実績。最初はお酒の名前だと思わなかったのですが、「クルボアジェ・ルージュ」というブランデーをジンジャーエールで割ったカクテルとのこと。

アプリコットフィズ

23戦4勝の牝馬。GⅢ2勝。名前は、アプリコットブランデー、砂糖、レモン、炭酸で作るカクテル名。

「フラアンジェリコ

42戦6勝の牝馬。GⅢ1勝。ヘーゼルナッツを原料にした、イタリア産のリキュールの名前。

他にもたくさんいますが、キリが無いのでそこそこ活躍した馬までにします。こう見ると、なぜか牝馬が多いですね。

f:id:kimama2016:20170427003502j:plain

 左からウオッカギムレットのベースになるジン、(グレープ)ブランデー、フランジェリコリキュール。

f:id:kimama2016:20170427003717j:plain

 クルボアジェ・ルージュ。これをジンジャーエールで割ると「ルージュバック」に。さっそくカクテルのメニューに加えます。クルボアジェ・ルージュについては、こちらのサブブログの記事も、よろしければご覧ください。

kimama2016.hatenablog.jp

いろいろな馬名がありますが、お酒とかカクテルの名前がついてるとちょっと応援したくなりますね。でも「イタリアの幻のデザートワイン」は買いません(笑)