MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

飲みに行けない、飲み屋のマスター。このままではいけない。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

飲み屋のマスターなのに?だから?飲みに行けない。

 最近ちょっと忙しいです。でも忙しい時ほど飲みに行きたい。それなりにストレスがあるのでしょうね。でも忙しい時は…

体力的に厳しい。身体が待ったをかけるのです。

 

寒い時期(特に2月)は暇です。暇な時は、ヒマなので飲みに行ける。早締めも可能です。でもヒマな時は…

経済的に厳しい。財布が待ったをかけるのです。

 

毎週月曜日は休み(定休日)です。飲みに行くことは可能です。でも週イチの休みの夜くらい、家でゆっくりしたい。夜から出かけるのは、正直億劫。そして休みの日は知人との約束でもない限り、休肝日にしている。

心が待ったをかけるのです。

 

そんなわけで、全然、飲みに行けない。仕事柄、一般の方が飲んでる時間は働いてるので、飲みに行きずらいのは確か。さらに「待った」をかける輩がいるので、さらに飲みに行けない状況。このブログでも「飲みに行く」というカテゴリーを作りながら、1回しか行ってない。それも知り合いの店。だからこの記事を「飲みに行く」のカテゴリーに入れておこう(笑)

f:id:kimama2016:20170424162729j:plain

本当はいろんな店に行って、見て、食べて、飲んで、感じた方が、自分にとってもプラスになるはず。このままではいけない、と思うのですが、なかなか解決策も見当たらない。結局、ネットで情報入手しつつ、家飲みで妥協してしまうのです。「飲み屋体験VR」でもできないかな~。イカン、イカン!そんなもの出来たら、飲み屋は商売あがったりだ。