MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

この本との出会いが、人生を変えました。

昨日、「独立へのロード」と題した記事の最終章を書き上げましたが、この経過の中で自分のバックボーンには、ある本から絶大なる影響を受けた思考の習慣が存在します。

その本は、 スティーブン・コヴィー博士の『七つの習慣』という本です。

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (773件) を見る
 

自己啓発本としてはあまりにも有名で、多くの方がそのタイトルを目にし、読まれた方、実践されている方も少なくないことでしょう。

自分が初めてこの本を手にしたのは、20代半ばだったと思います。その時は数ページ読んだだけで、そのまま本棚に放置しました。 その数年後、仕事やプライベートで、特に大きな問題があったわけではないのに、何故かもやもや、イライラしていた30代中ごろ、何の気なしに本棚にあったこの本を再度開いてみて、物凄い衝撃を受けました。自分がもやもや・イライラしていた、そっくりそのままの状況が、まさに例として挙げられているではないか!?「自分のために書かれたのでは?」と錯覚するほど、自分の今悩んでいる状態と同じようなケースが、克明に描かれていました。

 

その後、この本をむさぼり読んだことは想像に難くありません。もう何十回も読みました。いや百回以上、読んでます。何年もかけて。今でも、折に触れて読んでいます。

この本の凄いところは、読む度に必ずと言っていいほど新しい発見があるのです。それは自分の成長過程において、経験や知識、知恵、内面的な進化など、その時々のレベルに応じて理解の深度が変わるからなのでしょう。ですからこの本は一度読んで終了というような本ではありません。繰り返し繰り返し読んで、そのエッセンスを自分に内面化させていく、そんな本だと思います。世には幾多の自己啓発本が出版されていますが、この本一冊で十分だと思います。100冊の自己啓発本を読むのなら、この本を100回読んだ方が、遥かに効果的なことでしょう。

この本と出会えたことでその後の人生が大きく変わった、といっても過言ではありません。この出会いが無かったら「独立へのロード」に書いたような自分の中の変化も起きなかったことでしょう。

この本のエッセンスは、自分の経験とも合わせて、少しづつ紹介して行きたいと思います。それだけでひとつのブログが成立しそうですが、それは専門の方にお任せします。自分は飲み屋のマスターなので(笑)