読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

飲みに行って「安い!」と感じるのは・・・

お店のこと

こんばんは!KIMAMASTERです!!

50+1歳、飲み屋のマスターです。

 

昨日のプレミアムでない金曜日と比べたら、今日(25日)は結構忙しかったです。

しかし、来店されるお客様は多かったのですが、一人当たりの単価が安い・・・

もともとリーズナブルな価格設定でやっている店なのですが、給料日後の土曜日ですので、もうちょっと欲しかった、というのが正直なところ。

 

ちなみに、お酒を飲みに行って、そこその飲んで食べて、いくら位だと「安い!」と感じるのでしょうか?

もちろん、店にもよるし、人それぞれだと思いますが、居酒屋であれば一般的に3000円~3500円くらいでおさまると、リーズナブルに感じられるのではないでしょうか?(自分はそうです)最近はチェーン店でも、ちょっと深く飲むと、すぐ5000円くらい行ってしまいます。

 

本日の客単価は、2894円。

これはちょっと飲み屋としては安すぎる気がしないでもないですが、飲んで食べて、会計した時に、「安っ!」と感じて貰えるような価格設定は大事だと思いますね。当然、その価格以上の価値を提供できているはずですので。

 

その価格に対しての満足感が、次につながると信じています。

 

f:id:kimama2016:20170226013029j:plain

↑↑↑お好み焼きは、650~680円が中心。もちろん、税込み。

 

多くのお客様に支えられて、今年の7月で丸9年になります。

10周年には、サックスを披露しろと、常連さんに言われてます(笑)

 

それはさておき、今後とも「価格と価値のバランス」を大事にして行きたいのです。原価とかはあまり細かくは計算してません。お客様が考えるであろう価値、それを下回る価格設定。そして適度な利益。そのバランスを大切に、メニューを作っていきます。

 

このブログはお店の紹介ブログではありません。

自分のポリシーを表したいと思うだけなのです。

飲み屋のマスターでも・・・実はそれなりに考えてるんです、と(笑)