読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

甘酒ブームにあやかって・・・

お店のこと

こんばんは!KIMAMASTERです!!

50+1歳、飲み屋のマスターです。

 

いま巷では、空前の!?甘酒ブーム!

「飲む点滴」と言われるほど、栄養価が高いそうです。

 

それにあやかって・・・という訳でもないのですが、

新しい日本酒を仕入れてみました。

そのうちの2本がコレ↓↓↓

f:id:kimama2016:20170221235136j:plain

どちらも「にごり系」のお酒です。

これは「甘酒」にも負けない栄養があるのではないか!?

 

極々簡単に説明しますと、日本酒はもろみを絞って、お酒と酒粕に分けますが、粗目の袋で絞ると「おり」(白濁した部分)がお酒の中に多く残ります。

また、酵母が生きたまま瓶詰めされるので、発泡感があるものも多いです。

そして、このオリの部分は、目の細かい袋で漉した場合には、酒粕になる部分ですので、多くの栄養素が含まれています。(「飲む点滴」と言われる所以)

 

「七本鎗 純米活性にごり酒(滋賀)」、テイスティングしました。まだ上澄みの部分なので、クリーミーというよりは、発泡感もあるのでフレッシュな印象が強いです。辛口で爽やかな飲み口でした。(きっと、オリが多くなる部分では、味わいは一変することでしょう。)

「紀土 純米吟醸 にごり酒生(和歌山)」こちらもテイスティングしました。純米吟醸だけあって、七本鎗と比べるとよりフルーティーさが際立ちます。なのでお酒感は弱めで、微炭酸の果実のジュースのような味わいです。

 

しかし、この活性タイプのお酒というのは、栓を開ける時に、妙な緊張感がありますね。(吹き出すのではないか、という恐怖感)今回は無事でした♪

 

おいしいお酒を吞んで、栄養まで取れる!これは嬉しい限り!!

「甘酒」にも勝るブーム到来か!?と、妄想してるのです(笑)