MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

素人サックス練習記。半年経って進化したのか?現状を振り返ってみよう。

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

生まれて初めて「サックス」を手にしてから、約半年。

音楽の知識ゼロのおっさんが、完全独学で練習してきました。

その成果はいかに?

 

動画とかアップ出来れば、状態は一目瞭然なのですが、そんな勇気はないし、人様にお見せできるようなシロモノではありません。

 

言葉だけで伝えるのはなかなか難しいところ。

 

ですが、素人なりに感じたこと、現状のレベルなど、簡単に書きたいと思います。

 
f:id:kimama2016:20170803111758j:image

 

半年間の取り組みと、一応の成果。

 

半年間、ほぼ毎日、15~30分、練習していました。

「慣れる」ことが重要だと思っているので「少しでもいいから毎日吹こう!」と決めて練習してました。

 

店ではネック部分だけで吹き練習、家では本体もセットして練習。

店での回数のほうが、圧倒的に多かったですね。

 

確かに音は以前より出るようになり、安定もしてきました。

難しかった低音もだいぶ出せるようになっています。

練習曲「聖者の行進」もなんとなくですが曲っぽくなってきました。

 

吹くときに意識している事は

・口のかたち。サイドを締めて息が漏れないようにすること。

腹式呼吸。腹から息を送り出して吹くこと。

・指使い。

 

現状ですと、全部が完璧にできることが少ない。

特に曲練習で「指使い」に意識がいくと、口のかたちや呼吸がおろそかになる。

 

おそらく「口のかたち」や「腹式呼吸」など、音出しの部分が完全に身について、無意識でできるようになって初めて、「曲」が吹けるようになるのではないか。

 

やはり、日々の練習の繰り返しで体に覚えさせていくことが重要だと感じます。

口の周りの筋トレや腹式呼吸は、日常生活でも意識的に取り入れて訓練しています。

 

 

音楽の知識ゼロの自分が、理解できないこと。

 

前出の「聖者の行進」も普通の譜面で練習していたのですが、アルトサックスで吹く場合は違うらしい。

つまりピアノなどでC(ド)の音は、アルトサックスで吹くときはA(ラ)で吹くとのこと。ここがよく分からない。

「ド」の音は何で出しても「ド」なんじゃないの??

 

「聖者の行進」の最初のところは、普通の楽譜だと

「ド、ミ、ファ、ソ~」となるのですが、アルトサックスで吹く場合は「レ、ファ#、ソ、ラ~」と吹くとのことなのです。

 

ちゃんとした理論はよく分からないので、そういうものだ、と思って練習しています。

 

 

今後の目標は?

 

 一応、当初立てた目標は、年内に綺麗な音で「ドレミ」を吹く、でした。

これはクリアできそうですね。

当初危惧された「すぐ諦めて、店のオブジェになる」なんて結末は避けられそうです。

 

曲の方は、約1年後の、お店の10周年記念のパーティで、披露しようと思っています。(常連さんを呼んで「みんなで出し物をしよう」という企画があります)

まだ時間はあるので、地道に練習を継続していきたいと思います。

 

・・・・・

 

あくまで素人の感想です。音楽の知識はゼロですので、誤った記述があるかもしれませんが、その際はご容赦下さい。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

ブログを始めて半年の振り返り PartⅡ。侵食されてる時間があるはずだが…?

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

前回、ブログを始めて半年の振り返り記事を書きました。

 今回はその追記になります。

 

 

ブログに費やす時間と、その影響は?

 

ブログを書き始めてからの生活を振り返って見ると…。

 

ブログを書く時間は、平均すると1日2時間くらい。

その他、最近始めたスケッチなど、昨年までとは随分違う時間の使い方になっています。

とすると、何か「浸食されている時間」があるはず。

 

細かく見ればいろいろあるのでしょうが、一番影響をうけているのは「読書」です。

ブログを始めるまでは、1日に2~3時間読んでました。(これも無駄に長い)

ここ1~2か月はほとんど読んでいない。(数10分でナナメ読みできるような、軽い本は読んでますが)

これはいけませんね。

「習慣の力」を重く見ている自分としては、「読書の習慣」を失うわけにはいかない。

時間は短縮してでも、やはり毎日読むべし。

 

約半世紀生きてきて感じるのは、「毎日ちょっとずつでも積み重ねていけば、それなりに成果は出る」ということ。

 

 

飲み屋のマスター、最近の私生活は?

 

私的時間の使い方は、小学校の時間割のようです。

 

1、国語(ブログ)

2、体育(ストレッチと体幹

3、図工(スケッチ)

4、音楽(サックス)

5、家庭科(賄い)

6、国語(読書)

・・・・・

理系の教科がありませんね。

まあ、それは良しとして…

 ブログには前回書いたような効用があるので、それに一定の時間を割くことには問題ありませんが、重要なのはバランスでしょう。他の何かがおろそかになるようでは、やっぱり良くない。

 

「読書の習慣」を失くさないためにも、まずはブックオフへGO!

 

・・・・・

 

そして…。

まさかブログを書いてる影響では無いでしょうが…、

最近「老眼」が進んでしまい、せっかくの遠近両用メガネなのに、ずらして掛けないと文字が読めない飲み屋のマスターでした。(笑、えませんね…)

 

 

 本日もお読み頂き、ありがとうございます。

 

50歳超でブログを始めて、半年が経ちました。その振り返りと今後について。

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

ブログを始めたのが、今年の2月5日。

まもなく半年になりますので、振り返ってみようと思います。

 

 

50歳を超えてから始めたブログ。

 

始めるのにはそれなりに勇気が必要でしたね。

「この年で」というのもあったし、「公開」というのにも気が引けました。

 

でも40代半ばくらいからは、「やりたいと思ったことは、とりあえずやってみよう。ダメだったらやめればいい。」というスタンスでいたので、思い切って始めて見ました。

 

50超えでもまだまだやれる。新しいことに挑戦したい。もっと進化できるはず。

そんな生き方をメインテーマに(だいぶズレてますが…)、日常生活の中での出来事や考えたことなどを書いて来ました。

 

 

アクセスの無い日々が続く…。

 

初めのうちは自分のことを一方的に垂れ流しているだけで、当然ながらアクセスなど全くない。でも「書いて」「公開する」ということが楽しくて、あまりアクセスなどは気にしないで書き続けていました。

 

それでもさすがに1日に1とか2PVでは、書いて公開している意味がないのではないか?と感じ始め、グループに参加したりしてみましたが、あまり増えてこない。

 

それでも継続していると、記事によっては時々アクセス数が跳ね上がることがありました。やっぱり記事の内容がポイントなのでしょうか。

 

そのころから、多少なりとも読んで頂ける方のことを考えて書くようになりました。

読みやすいレイアウトや記述、文字や写真などを工夫したりしました。

(もちろん、まだまだ未熟者です。)

 

 

少し変化してきました。

 

そして記事が増えていくと、少しずつアクセスも増えていって、読者になって頂ける方も増えてきた。スターを頂ける数も増えてきた。

これはブログを続ける上で、やはり嬉しいし、励みになりますね。

 

途中で「お酒」をテーマにしたサブブログも立ち上げました。

こちらのブログも記事が増えてきてからは、GoogleYahoo!の検索アクセスが圧倒的に多くなっています。

 

・・・・・

 

今後も読者の方の数やアクセス数は「じわじわ増える」というくらいだと思いますが、それでいいと思っています。

 

ブログを書いていると、日々の生活の感度がよくなって、見過ごしていたことに気付いたり、スルーしていたことを調べて見たり、という行動が起こって、充実度が増してきます。ですので今後もずっと書いて行きたい。

 

焦らず騒がず、肩の力を抜いて、マイペースでいきたいと思っています。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。