MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

お客様の行動で、最近気になることがある。日本の将来を案じすにはいられない…。

 

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

最近気になる、お客様のちょっとした行動。

 

出来上がった料理をお持ちした際に…

テーブルの上に他の料理やメニュー、またはスマホなどの私物があって、料理を置くスペースが無いことがあります。

 

そんな時のお客様の行動を見ていると…

 

「何もしない」方が最近とても増えている気がします。

 

こちらが置けなくて困っていても、特に何もせず傍観している。

仕方なく、無理やり押しのけて料理の皿を置かざるを得ない。

そんなケースが増えています。

 

何かをちょっとずらせば、すぐ置けるわけですよ。

でも何もしないで見ているだけ。

 

 

その時のお客様の心理状態は?

 

①今の状況に気付けていない。

想像力が欠けている。

料理が来たが置けないと、どうなるか?

店員は困るし、自分たちも食べられない。

置けるようにしてあげれば、みんなが助かるのに。

 

②気づいているが自分の役割とは考えない。

状況には気づいているが、傍観者と化している。

誰かがやってくれると思っている。

自分の役目ではないと考えている。

 

③過度の消費者意識。

お金を払って食べに来ているのだから、店員に手を貸す必要などない。

それも含めて店員の仕事であり、価格に含まれているものと考えている。

 

④酔っぱらって気づいていない。

⑤会話に夢中で気づいていない。

 

・・・・・

 

④⑤はもうしょうがないですね。

は無いか。か?か?

 

たまに気の利く人が「ちょっと空けてやれよ」というと、

ハッ!と気づいて、慌てて空けてくれる人がいます。

とすると、状況に気付けていないのケースが多いのでしょう。

 

 

だからと言って、その方々を非難する気はありません。

「ちょっと気づいてよ」と思うことは少なくありませんが、

お店の中ではあくまでも「お客様」ですので。

サービスをすることが、我々の仕事ですから。

 

 

 

社会の中で大事なこと。

 

そういったちょっとした気配りが出来ない人が増えている。

自分中心の思考で、周りのことが考えられなくなっている。

1から10まで、人にやってもらうことに慣れ切っている。

 

思考停止、想像力欠如、最近の人の傾向として語られて久しいが、そんな場面を実際お店ではよく見かけます。

 

 

 お店の中でのことならばいいですよ。

でも、そういう方々は、きっと仕事などでも同じなのだろうな、と、想像していまいます。

 

「それでは、厳しいだろう…。」

自分だけで完結できる仕事って、そんなに多くはないと思います。

人と協力して、助け合って、何かを成し遂げていく。

その為には、学歴とか頭の良さよりも、ちょっとした気配りの方が絶対的に大切だと感じるのです。

 

自分がずっとサービス業にいるから、そう感じるのでしょうか?

もしかしたら世間一般では普通のことで、自分が特殊なのかも知れません。

 

でもそういった「気づき」や「周りを見る」ことや「ちょっとした気配り」が人間どうしのつながりをスムーズにする潤滑油なのではないか?

それがなくなれば、うまくいかなくなり、人間関係がぎすぎすして、仕事もスムーズに回らなくなるのではないか?

 

 

大丈夫なのか、これからの日本は…。

 

コンピューターやAIが発達して、人と人が接しなくても生きていける時代でもある。

その流れを止めたり、逆流させることは不可能だし、そのほうがいいとも思わない。

しかし・・・

やはり、人と人が係わっていくなかで社会が作られていく。

そう思うのです。

 

・・・・・

 

自分たちのことだけで、周り(国民)のことが考えられなくなっている政治家。

それを言ったらどんな影響があるのか、想像できなくなっている大臣。

そんな人たちがこの国のかじ取りをしているのだから無理もないか…。

と思ってしまう今日この頃。ああ、情けない…。

「大丈夫なのか、このままで、日本は」

 

・・・・・

 

昭和世代のおっさんの戯言です。

長文をお読み頂き、ありがとうございます。

 

 

飲み屋を始めてからのこと。独立へのロード~続章~

お疲れ様です。

KIMAMASTERです。

51歳、飲み屋のマスターです。

 

 

お店の賃貸契約が6月で切れたので更新しました。

厳密に言うと「定期借家契約」なので、更新ではなく再契約ですが。

まあ、更新みたいなものです。手続きが少々煩雑ですが…。

 

 

飲食店を始めてからを、ちょっとだけ振り返る。

 

3年契約で、今回3回目の再契約。つまり丸9年経ったということ。

 

でも、サラリーマンを辞めて独立してから、今年4月で丸10年です。

 

 

1年3か月の誤差がある。

その理由は「2店舗目」だからです。

「1店舗目」はまさか…。

 

 

いや、いまだ健在です。営業しております。

 

10年前の2007年4月に最初の店をオープン。

ある程度軌道に乗ってきた2009年7月に、2店舗目を開店。

 

当時は両店舗に店長がいて、アルバイトさんも数名在籍し、自分は行ったり来たりして店舗のフォローと、経理や財務、またメニュー作りなど、裏方的な仕事をしていました。

そして、「今後も店を増やそう!」という野望に燃えていました。

 

 

しかし、飲食店が必ずと言っていいほど直面する問題が立ちはだかります。

「人」の問題です。

確か2011年の11月だったと思いますが、2店舗目の店長が突然退職します。

資金力があれば求人広告を出して、高待遇で優秀な人材を確保することができたかもしれません。

もちろんそんな資金力は無い。

また、退職があまりにも急だったこと、そして年末の繁忙期が近く、今から採用しても教育訓練が困難なこと、などから、当面自分が店長として店舗に専属することにしました。

 

 

その年の宴会シーズンをどうにか乗り切って、今後の展開を考えたのですが…、

新しい人を雇うことには二の足を踏みました。

「また同じことになるのでは?」

本当に信頼できる人がいれば勿論採用したと思いますが、積極的に探そうという気持ちは薄れていたのです。

 

そのうち、お店の運営もスムーズになってくる。

1号店も店長がしっかり運営してくれている。

気が付くと、自分にお客様がついている。

そんなこんなで、逆に店舗から離れることが困難になってきました。

 

 

そして現場の仕事はやっぱり面白いのです。

お店で直接お客様とふれ合う。好きなお酒を揃えてお客様に勧める。やりたい料理を研究してメニューに加える。店内を自由にディスプレイする。そのうちお客様と仲良くなって一緒に飲みに行ったりする。

 

こうなると、店が自分のカラーになってきて、自分の仕事場になってきて、自分の居場所になってくる。

 

店を良くすること、お客様に喜んで頂くことに集中するようになる。

そのうち、店舗を増やそう!というモチベーションがだんだん下がってくる。

「今の店をしっかりやっていった方が、いいのではないか…。」

 

 

そう思い始めてから、もう4~5年経ちました。

その途中で、1号店は店長に経営権を譲渡し、独立させました。(店舗は自分が所有していて、割安で貸している状態。)

 

そして、それぞれが独自の方針で、お互いに協力しながら店舗の経営をしています。

 

 

 

 

1号店の今。そして店長はどんな人か?

 

最初の店は、カジュアルなダイニングバーとして開店しましたが、今はコアなお客様が集まる、ワールドミュージック&ダーツバーみたいな店になっています。

 

手伝いに行くことはありませんが、月に何回か飲みには行きます。

 

先日、東京で一緒に飲み歩いたのが、この店長です。

真冬でもTシャツにハーパン、ビーサン、ロン毛に麦ワラみたいなスタイルの人です。銀座でひとりだけ浮いてました(笑)根っからの自由人です。

 

自分がFC 店の店長をやっていた時に、当時大学生で、アルバイトの募集で来ました。

それからもう15年くらいの付き合いになりますね。

 

 

 彼を信頼しているのは、裏表がないこと。

この仕事が本当に好きなこと。

そして人を愛していること。

 

結構自由なスタイルで営業してますが、そういった型で営業できるのも、自由人の彼にとってはやり易いのだと思います。

 

・・・・・

 

もうしばらく、この体制での営業が続くと思います。

遠い将来のことは分かりませんが、「飲食店」はどんな型であれ、ずっとやっていくと思いますし、「彼」ともずっとパートナーとしてお互いに切磋琢磨していくものと思っています。

そして、「お酒」とは、死ぬまでいいパートナーでありたいと願っています。

 

 

長い文章、お読み頂き、ありがとうございます。

 

「ブログを書く」こと。最近感じたその効果とは…?

 

お疲れ様です。KIMAMASTER、51歳、飲み屋のマスターです。

 

6月から7月への月替りにかけて、ちょっとバタバタしてました。

 

 

お店の賃貸の契約更新

3年に1回の更新です。丸9年が経過。あれ?独立して10年のはずでは?

この理由は長くなるので、後日書こうと思います。

 

特定健康診査

国保で40歳以上の人が、年に1回無料で受けられる健康診査。

6~10月の間に受けられますが、毎年この時期に受診してます。

 

毎月のことだが、月末の帳簿処理

個人事業なので毎月やる必要はないかも知れませんが、帳簿を締めます。

月次の損益計算書を作成し、年間の予算に対する進捗状況を確認します。

月末が週末に当たると、時間的にきつくなります。

 

 

 

そして、メンタルが弱っていた。

ちょっと心配事がありまして、メンタル的に弱ってました。

店が忙しくて、体力を消耗していたことも原因のひとつです。

 

そして、メンタルが弱っていると、ブログが書けない

書きたいという気持ちもなかなか起きなかった。

それでも書かなかったわけではありません。

書いては見たのですが…、

言葉が出てこない。

心配事が気になって、思考がネガティブになる。

すると文章もネガティブになって…、

読み返すと、とても公開できるようなしろものではない。

 

結局、公開できない下書きばかりが増えていきました。

「まとめて公開してしまおうか」とも思いましたが、危ないのでお蔵入りです(笑)

 

 

書いていて良かったこと。

公開できないボツ記事でしたが、その時の自分の気持ちや考え、置かれた状況や対応を書き連ねたおかげで、自分の頭の中を整理することができました。

自分を客観的に観察して、やるべきことを明確にすることができました。

 

考えているだけではなかなか難しいこと。

「書く」ことによって初めて得られる効果だと思います。

 

「公開する」ことを前提に書いているブログですが、公開できなくてもメリットはありますね。「下書き」ばかりが増えていっても困りものですが…(笑)

 

f:id:kimama2016:20170704103454j:plain

 

 

そして「弱ったメンタル」も、徐々に回復。

昨日(定休日)はのんびりと過ごして、体力も回復基調です。

心配事はすべて解決したわけではありませんが、じっくり向き合って行くつもりです。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。