読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

ブログ始めて1か月。感じたこと。

こんばんは!KIMAMASTERです!!

50+1歳、飲み屋のマスターです。

 

物は、使わないと劣化します。

人間も同じで、この年になると、使わないと衰える一方。がんばって使っても現状維持がやっと、というような状態に。

 

ブログを始めて、1か月が経ちました。50歳超で今更ブログを始めることに、初めはかなり抵抗感がありました。自分の書いたものを一般に公開する、というのも、正直いかがなものか!?という思いもありました。でもやって見ると、色々といいことがあったので、ちょっとまとめてみます。

 

(ブログを始めてよかったこと)

・考えてることや、感じてることを、自分なりに整理できる。

・自分の活動や取り組みを発信できる。足跡として残せる。

・普段、何気なく見過ごしてしまうことにも、感度が良くなる。

・日々の生活のマンネリ化を防止できる。

・文章を考えることで、脳みそに刺激を与えられる。

・麻雀ゲームで無為に過ごしていた時間を、有効に使える(笑)

 

(ブログを始めて気づいたこと)

ボキャブラリーの貧困さ。

・自分の文章や言葉遣いのくせ。

 

(ブログを始めて良くなかったこと)

・帰宅(AM1:00頃)してから書くので、寝るのが遅くなる。

・飲みながら書くので、飲酒量が増える。(笑)その結果・・・

・酔っぱらってますます書けなくなって、結局翌日修正する。(苦笑)

 

等々、いくつか思いつくままに挙げてみました。

その中でも一番感じているのは、単純に「ブログ書くのって楽しいな」と。

 

そして、最近ほとんどやっていなかった「書く」ということ。それにより、今まで使っていなかった脳みそのどこかの部分に刺激が与えられて、老化していくのを多少でも防ぐことができるのではないか。言葉とか、文章とかも、やはり使わないと老化していくのでしょうね。「衰えゆくものにできる限り抵抗しよう」というのが、自分のスタイルであり、このブログの1つのテーマであります。

 

 

まだ1か月ですが、今後もなるべく書いていきたいと思います。

また、もっとコアな部分を作ってもいいのかな、とも思っています。

 

読んで頂ける方に、心より感謝いたします。

加熱式タバコのこと。

こんにちは!KIMAMASTERです!!

50+1歳、飲み屋のマスターです。

 

昨日の「屋内全面禁煙」の続きで・・・

 

フィリップモリスが紙巻タバコから撤退」とのニュースがありました。

 

いま、うちの店では、トータル的にみて、喫煙率60%前後で、通常の統計よりもかなり高い。日によっては90%超えみたいな日もあります。そのうち加熱式タバコは10%強といったところでしょうか。

 

加熱式タバコは、実際に見ていると、煙(水蒸気?)は少なく、タバコ特有のニオイもほぼありません。(あくまで自分の感じた印象です)これなら、他の人に影響なく吸ってもらえるのではないか。今までは在庫が無くてなかなか買えない状況でしたが、PMが加熱式タバコに注力し、JT他も本格参入となれば、供給不足は解消されるでしょう。これぞ、吸う人と吸わない人が共存する道だ!と思ったのですが・・・

 

「加熱式タバコも現時点では規制対象とする。(案)」との報道も。

 

あくまで案で、現時点では、加熱式タバコの受動喫煙による影響がはっきり分かっていないため、ちゃんと調べてから決めます、ということらしい。確かに、煙やニオイが無くても、健康への影響が同様にあるなら、規制するしかない。これは結果を見守るしかないが、OK(つまり健康被害が認められない)となれば、今もめている色々な問題が解消されるのではないか?

喫煙者にとっては今まで通り、飲食店の店内で吸える。非喫煙者にとっては、煙やニオイ、健康被害から解放される。飲食店にとっては、「全面禁煙。ただし加熱式タバコは可。」と表示するだけで、特に喫煙スペースを設ける等の設備投資がいらない。

 

加熱式タバコの価格や供給、品質、メンテナンス等の問題はありますが、現時点では一番いい解決策ではないでしょうか?

 

となると、厚労省の調査結果が全てを左右しそうです。

 

ところで、「電子タバコ」「加熱式タバコ」「電気加熱式タバコ」といろいろな表記があって、厳密には異なるのでしょうが、違いがよく分かりません。今日は「加熱式タバコ」を使ってます。

 

※あくまでも個人的な見解です。(自分の立ち位置としては、飲食店経営者50%非喫煙者30%喫煙者20%位でこの問題を見ています)いろいろな意見があることを承知したうえでの、自分の考えですので、ご了承下さい。