MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

『健康で文化的な最低限度の生活』多様性と親子の絆がメインテーマの、社会派ドラマでした。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

ドラマ「健康で文化的な最低限度の生活」の最終話を見ました。

 (原作は読んでいません)

 

新人ケースワーカー義経えみる(吉岡里帆)が、生活保護受給者と向き合うことによって成長していくストーリー。

初回放送をみて感じた懸念の通り、視聴率は低空飛行を続けたようです。

ちょっと重いですかね~、内容が。

www.ktv.jp

 

・・・・・

 

生活保護」に「ケースワーカー」。

いずれも軸を構成している要素なのだが、主たるテーマではない。 

 

このドラマを通じて主たるテーマになっているのは、

「家族」「親子」「絆」「仲間」といった人と人との繋がり

 

そしてところどころに現れるのが、

「多様性」「貧困」「障害」「虐待」「依存症」といった社会性のあるテーマ

 

 最後まで見ると、当初のイメージとはだいぶ違った内容のドラマに見えてきた。

 

・・・・・

 

自分のために本気になってくれる人がいる。

一緒に悩んで、考えて、笑って、泣いてくれる人がいる。

親子だったり、夫婦だったり、友人だったり。

そう感じられる時に、人は前に進むことができる。

 

 えみるは、本気で受給者のことを考え、本気でぶつかっていく。

そんな彼女の行動に支えられて、一歩を踏み出せた受給者たち。

それでも親子の愛情や絆に勝るものは無い。

「親子の絆の強さ」

それがこのドラマの主たるテーマのひとつだと感じます。

 

f:id:kimama2016:20180919090734j:plain


・・・・・

 

もうひとつのテーマは「多様性」。

いろいろな人がいて、いろいろな人生がある。

いろいろな過去を背負って生きていて、それぞれに悩みや苦しみがある。

それでも人は生きていく。

時に誰かに助けられながら、時に気づかぬうちに誰かを助けながら…。

 

そしてそれぞれ違っている。

生き方も、育った環境も、価値観も。

それぞれが一人の人間としての尊厳を持っている。

いつだかの放送でえみるが言ってました。

「普通って、ひとそれぞれ違うんだ」

それを認める社会。

大切にしたいものです。

 

・・・・・

 

ドラマとしては難しいテーマで、商業的にはイマイチだったようですが、

個人的には、こういった社会性のあるドラマは好きですけどね。

ま、作るほうはそんなことも言ってられないので、大変でしょうけれども。

 

吉岡里帆さんの次回作にも期待してます。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

「喫煙」について感じた、いくつかのこと。時代は移り変わっていくものです。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

ウチの店は個人でやっている居酒屋です。

7月から店内を禁煙にしました。

それから約2ヶ月半ほど。

その結果は…。

f:id:kimama2016:20180912084630j:plain

売上が3割、ダウンしました(汗)

8月のお盆から今までで見ると、半減しています。

 

もちろん「禁煙」の影響だけではないと思います。

「猛暑」「チェーン居酒屋の開店」の影響もあるのでしょう。

それでもさすがにこの落ち込みは穏やかではいられません。

「居酒屋で禁煙は、やっぱり無理なのか…。」

そんなネガティブな考えが頭をよぎります。

 

さて、どうするか?

もちろん「喫煙復活」はありえません。

売上は落ちましたが、タバコによる仕事上のストレスも激減しています。

そう、これは「ひとり働き方改革でもあるのです。

「自分の、自分による、自分のための店内禁煙」なのです。

ここはなんとか粘って新しいお客様を呼びたいところ。

PRするために、できることはやって行こうと思います。

 

それでも食えなければ、昼間の時間にバイトします(笑)

 

・・・・・

 

話はガラッと変わりますが…、

仕込みをしながら「相棒」の再放送を見るのが日課です。

いろいろあって「たまきさん」の出演シーンは放送を自粛してました。

ほとぼりが冷めたのか、最近ちょくちょく見かけるようになりました。

結構古いものもあります。


古いシリーズを見ていて気になるのが、

最近のドラマではめっきり見なくなった

「喫煙シーン」です。

亀山さんも吸っています。

金のマルボロです。

f:id:kimama2016:20180912091258j:plain

今見ると、とても違和感があります。

古いものだから致し方ないとは言え、俳優さんのイメージにもかかわりそうです。

 

新しいドラマでは「アイコス」を吸ってるシーンがあったりして…。

いや、「プルームテック」だろう。

どっちにしても絵になりませんね(苦笑)

 

・・・・・

 

またまた話題が変わって恐縮です。

「俳優さんのイメージ」という点では、こんなことが。

 

最近、CMを見ていて「かわいいな」と思う女優さんが松岡茉優さん。

「en転職」のCMで、バカリズムと一緒に出ている女優さんです、 

 


エン転職CM 「No.1」篇

 

その松岡さん、喫煙現場をフライデーされたそうです。

紙巻ではなく加熱式タバコだったようですが…。

 

イメージが大切な女優さんとしては、ちょっと痛い。

個人的にもちょっと痛いです。

 

・・・・・

 

喫煙について、いくつか感じたことを記しました。

とりとめのない記事ですいません。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

『ハゲタカ』最終話を見た。このドラマ、本当はひとりの男のヒューマンドラマなのではないか?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

ドラマ『ハゲタカ』最終話を見ました。

8話目で最終回。なんとも早い展開です。

 

腐った大企業を葬り去る。

庶民にはスカッとするストーリーですが…。

 

視聴率はあまり良くなかったのですかね?

確かに見ていてちょっと疲れる。

変な力が入ってしまう。

綾野剛の演技も見ていて疲れるし、なんか眉間にしわが寄ってしまう。

 

個人的には好きだが、

こういうドラマは敬遠されがちなのかしら?

 

f:id:kimama2016:20180907105234j:plain

 

そして、8話のストーリーの中で、20年以上が経過している。

その割には、出演者に変化が無い。

唯一、そのあたりをうまく表現しているのが、渡部篤郎扮する芝野さん

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仕事一筋、銀行マンの芝野さん。

家庭を顧みず仕事に没頭して、家族が壊れていく。

そんな中で鷲津と出会い、上司に利用されていたことを知る。

銀行に反旗を翻して退職。家族と向き合うことを選択する。

 

その後、経営コンサルティング会社を立ち上げ、

仕事も家庭も順風満帆。孫にも恵まれる。

 

最後の仕事として帝都重工の再建に携わり、

最終的に帝都重工の社長に就任する…。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ビジネスマン、夫・父・祖父、そして何よりもひとりの「男」としての表情を、実にうまく演じている。

また「20年」という年月を、外見的にも内面的に秀逸に表現している。

 

こう見ると…、

企業買収等の荒々しいストーリーが前面に出ているが、その裏で「芝野」という男の人生や生き様が脈々と描かれていて、ひとつのヒューマンストーリーに見えてくる。

 

実はそれが製作者が真に描きたかった部分なのではないだろうか?

 

そう言えば芝野さん、以前鷲津からサムライファンドに来ないか誘われたことがありました。

その時の言葉が…。

「光栄だがお断りするよ。私と君とでは生き方が違うから。」

まさに、生き方のまったく違うふたりの男が、ビジネスを通じて交錯しながら、ストーリーが進んでいく。

そのコントラストを描きたかったのかも知れない。

 

 

どっちにしても、やはり8話に詰め込んでしまったのは頂けない。

シーズンを分けてもいいから、もっと丁寧に描きこんで欲しかった。

なんとも、もったいない気がします。

 

そんな芝野さん、社長就任の会見で言った言葉が印象的でした。

「彼はハゲタカです。この会社が腐っていたから狙われただけ。」

なるほど。

「ハゲタカ」にはそんな意味もあるのか…。

ならば「大企業」の次は、永田町霞が関を狙って欲しいところだが…。

いや、その前にスポーツ団体大学だな。

腐りきってるな、あちこちが…。

 

・・・・・

 

最後に、余談ですが…。

髪型のせいかしら?

綾野剛さんが、船越英一郎に見えるのは私だけでしょうか?

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。