読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

最近よく耳にする「大量閉店」の話題。

季節や時事のネタ

お疲れ様です。KIMAMASTERです!

51歳、飲み屋のマスターです。

 

居酒屋チェーンのモンテローザが大量閉店していたとのニュースが。

 

headlines.yahoo.co.jp

 

最近、「大量閉店」なるニュースが多いですね。

マクドナルド、ヤマダ電機シダックスカメラのキタムラ、その他にも有名スーパーや百貨店等々・・・そして、モンテローザも。

ちなみに、自分の生活圏の沿線駅では、モンテローザの「目利きの銀次」なる業態が異常繁殖しています。他の業態を閉めてるのでしょうね。

 

閉店の理由はいろいろあると思います。単純に業績不振、あるいはモンテローザが言うように、労働環境の改善・人材確保という理由も、表向きということではなく、真実なのでしょう。なにせサービス業(中でも外食、特に飲み屋…苦笑)は、劣悪な労働環境が多いですからね~(実感)給料も高くない(と思う)自分もFC店長時代に、人員不足には悩まされ続けました。

しかも最近は、有効求人倍率1.36倍(2016年)と高水準。まさに売り手市場となっています。こうなるとサービス業はますます人を集めづらくなる。そこにきて、労働条件が悪いとすぐブラック企業だと叩かれる。経営側の立場もわかるので、大変だと思いますよ~。ただし、今までが異常(つまりブラック企業がまかり通っていた)で、これからが正常になるのだと考えれば、大量閉店も正常な状態へ向かう過程のできごとなのかな、と思います。

 

いずれにせよ、人口が減少し、価値観が多様化している今の日本社会では、「数の追求、量の追求、規模の追求、効率の追求、速さの追求」は、もはやリスクが大きすぎる。チェーン店のように画一的な事業ではなく、地域に根差した、地元の人も、働くひとも、みんながハッピーになれるような、そんな店をひとつずつ、丁寧に創って、育てていく時代なのではないでしょうか?

 

そんな世の中になってほしいと願っています。成熟した社会、モノがあふれている社会、多様化している社会…これからの日本に適した新たな仕組みができるといいな、と。その過程で発生する痛みは、社会全体で受け止めるしかない。痛みを恐れて、既得権益を守ろうとして、変革を先送りしないよう、ホントお願いしますよ。政・官・財のお偉い方々。

独立へのロード~第2章~

独立へのロード

第1章の続きです。

今回は、なぜフランチャイズ店長(サラリーマン)を辞めて、自分で店を始めることになったのか、その理由について書こうと思います。

 

食品スーパーでの14年間の勤務生活に別れを告げ、新業態の飲食業へ飛び込んだのが36歳の時。最初の関門がFC本部での「店長研修」なるものでした。とにかく未知の世界、周りは20代の子ばかりで、店舗実習ではアルバイトの子に苦言を言われることも。お昼の12時からスタートして、最後の反省会が終わるのが翌午前3~4時。近くのビジネスホテルに寝泊まりして1か月弱の研修・・・

なんかすごい時間でしたね。この研修で今までのスーパーでの14年間の経験とか固定概念とか、仕事の仕方とか考え方など、すべてひっくり返された感じです。「とんでもないところに来てしまったのか!?」と感じたこともありましたが、何か自分の殻を破れる可能性も感じていました。

研修を終えての最後のスピーチで、自分が話した内容を少し覚えています。

「自分の生まれつき持っているもの、自分の属性というようなものは、変えられないと思っていた。だがこの研修に参加することによって、もしかしたら変えられるのかも知れない。いや、むしろ積極的に変えることができるはずだ。と思えるようになった。」

 

そのようにして飲食業への第一歩を踏み出すことになる。

 

フランチャイズ店長時代の5年間も振り替えれば色々な事がありましたが、独立を考えるに至った経緯に絞って書きたいと思います。

最大の理由は、フランチャイズシステムへの不信感です。初の飲食業界進出なので、会社は直営ではなくFC を選択。というか、コンサルタントの口車に乗せられた、といった所でしょうか。ちょうど飲食バブルが起こっていた頃でした。

ご存知の通り、FC 店(チェーン店)というのは、原則として全店共通の品揃え、サービス、価格なので、どこの店でも安心して利用できる、というメリットがあります。しかしフランチャイジーとして契約する場合、自社が経営するのは、あくまでもひとつの店舗。(複数、経営する場合もあるが)そうすると、全体的な統一性よりも、個別的な対応の方が重要になる。しかしメニュー、サービスなどは、全店の販売実績や、都心の基幹店の動向を基準に、FC 本部が一方的に決めてしまう。

 

そして現場で何が起きるか・・・

お店にとって、とても大切なお客様が好んで召し上がられる商品が、全体的に人気がないということで、メニューから簡単に削除されてしまう。謝るしかないスタッフ。残念がり、だんだん来なくなってしまうお客様・・・

お店での毎日毎日の小さな努力が、そのたったひとつのメニューの削除で水泡と帰す瞬間…そんな場面に何度か遭遇して、何のために店をやっているのか?と疑問が沸いてきました。

 

もちろん、本部に店の希望を提案する、という道が無いわけではありません。だがそれには時間がかかり、希望が叶うには極めてハードルが高いことを承知しています。ザー(本部)の前では、ジー(加盟店)は至って無力なことを。そこで、ならば直営店舗をやらせてくれ、と、社長に直談判しました。事業計画書、損益計算書などを作成して。しかし、FC 店舗を5店舗やって、ことごとく失敗していた会社にとって、直営店舗への投資をする余力も気持ちも無くなっていたのです・・・

 

その後、店長を続けていたのですが、ちょっと色々あって、社内で干されたりしてました。会社への不信感も起こり始め、「もっと自分が理想とするような店をやりたい。ひとりひとりのお客様を大切にするお店をやりたい。」という思いが芽生えてきました。実は、先日提出した事業計画書が、ある意味、自分が理想とする店の姿だったとも言えるのです。「それを社内で実現できないのならば、自分でやるしかない」という思いが徐々に強くなり、5年前、スーパーから飲食業に移った時の気持ちが蘇って来るのです。「自分の意志で、自分の責任で、変えられる」のだと。ただし今回はサラリーマンという立場を捨て、何の保証も無い自営業者になるので、最終的な結論に至るまでの道のり(葛藤)は、その時の比ではありませんでした。

 

第3章では、その時の葛藤と、最終決断に至る過程を記したいと思います。

どうでもいいのだが、森友問題にワンタッチしてみる。

季節や時事のネタ

お疲れ様です。KIMAMASTERです!

51歳、飲み屋のマスターです。

 

正直、どうでもいいのだが、森友問題にちょっとだけ触れてみよう。

昨日の証人喚問、および一連の報道を見ていて思うこと。

 

籠池さんがどうのと言うよりも、質問に立つ政治家の方が気になって仕方がない。

政治家たちは、本当に疑惑を解明したいと考えているのだろうか?

 

何が何でも籠池さんを悪者にして安倍政権を守ろうとする与党側。

何が何でも籠池さんと安倍さんを結び付けて倒閣をめざす野党側。

 

自分たちに有利な結論になるように誘導するような質問の仕方をする。

そして論点がずれて行く。自分(党)たちの事だけ考えてるのだろう。

 

なんか、会社と一緒だなと思いました。

会社(党)を守らなければならない。傾けば自分が危うくなる。

会社(党)の方針には従わざるを得ない。従わないなら辞めるしかない。

 

政治家もサラリーマンと同じだな。

最近は、会社(党)が危なくなって転職(離党)する人も多いが。

そういえば東京都議会も同様で、小池新党に流れている。

誰かが「就職活動」って言ってた。ごもっとも。

でもサラリーマンだと思えば仕方がないのかも。失業したら大変だもの。

 

証人喚問を見ていて、最初は何か新しい事実や証拠がでるのかな、と思って見ていたが、政治家が自分たちの事しか考えていないのが見えてきて、だんだん腹が立ってきた。そのうちに、政治家も結局サラリーマンと同じで、失業(落選)しないよう、会社(党)が傾かないよう、必死なんだな、この人たちもかわいそうだなと、変な同情心が生まれて来ました。

 

まあ、実際、どうなってもいいのです。あまり体制に影響ない。というか、自分にとって全く影響がない。今日の店の売上のほうが重要です(笑)

ただ、ウオッチはしっかりしていこうと思います。できる限り、中立の立場で見ていきたい。偏見は持たないように。でも…正直なところ、大きいものとか、力の強いものとか、多数のものとか…って、本質的に嫌いなんですよね~(笑)体(頭?)が拒否反応を示す(笑)十分、偏ってますね(苦笑)それを承知の上で、極力、中立的にものごとを見ようと努力するしかない。

 

この問題は、できればワンタッチだけにしておきたいが、何か新しい展開になれば、再度触れるかも知れません。(あくまで個人的、主観的見解です)

ハリウッド女優に憧れて。

映画を観て

お疲れ様です。KIMAMASTERです!

51歳、飲み屋のマスターです。

 

平日の仕込みの時間には、テレビ東京午後のロードショー」を見てることが多いですね。今日(昨日)は「スピード」をやってました。

懐かしい!内容的には、突っ込み所満載なのですが、主演の二人の魅力で救われてる感じです。特にサンドラ・ブロックは魅力的ですね~。とにかくかわいくて💕胸キュン(死語)です。遠い昔、「がんばれ!ベアーズ」という映画のテイタム・オニールを見て感じた気持ちを思い出します。もうひとり、キュンとしたのは、「リトル・ロマンス」のダイアン・レイン💕でも、最近は強くてキレイな(腹筋?笑)女子に魅力を感じます。ちなみに昨日、一昨日は、午後のロードショーで、「バイオハザード2、3」をやってました。ミラ・ジョボビッチ、ステキです。カッコいいです。憧れます💕

 

がんばれ!ベアーズ [DVD]

がんばれ!ベアーズ [DVD]

 

 

 

 中学~高校生の前半は映画少年でしたね。今のようにビデオ?はなかったので、古い映画を2本500円とかで上映している名画座なるものによく通ってました。

 

最近はあまり映画(DVD )は見られてません。2時間あまりの、ひとりきりの空白の時間を作ることが、なかなか困難な状況です。

ところで、先ほどハリウッド女優名鑑なるものを眺めてみたら、ほとんど知らない人ばかりで、愕然としました。まずいですね…こういう所から老いが始まる…。たまには見ないとイカン。目標を決めればいいんだな。DVD でいいから月に一本は見て、感想を書こう。うん、それがいい。出来ない理由を言っても意味ない。どうすればできるか考えてやれば良い。そして楽しみが増える。

ブログって、良いですね~!

何かをやるときの、動機付けのひとつになる。それだけでも、ブログを書く意義は十分にあると感じます。

独立へのロード~第1章~

独立へのロード

昨日、東京で桜が開花しました。会社を辞めて店を始めたのも、桜が咲き誇る季節。2007年4月2日でした。もうすぐ脱サラして丸10年の節目を迎えます。振り返れば、なんと中身の濃い10年だったことか。サラリーマン時代とは比べ物にならない、濃厚な時間でした。

 

振り返りを始めたら、きりがなくなってしまうので、今日は第1章として『後に独立へとつながるサラリーマン時代の自分の変化』について書こうと思います。

 

大学を卒業して入社した会社は、食品スーパーの経営を主たる事業としており、入社してから14年間は、スーパーでの仕事に携わっていました。後半の7年は店長をやっていたのですが、その仕事に行き詰っていて、「何とかこの状況を打破したい、変えたい」という気持ちが日に日に強くなってきました。その矢先、会社から新たな事業として飲食業を始めるとのアナウンスが。これはチャンスなのかも? しかし14年間、スーパーの仕事しか知らず、今更新しい仕事ができるのか? 当時の心境を振り返ると、変えたいという思いと、漠然とした不安感が入り混じっており、どちらが強いかというせめぎあいでした。ちなみにその段階では、飲食業を特にやりたかったわけではなく、単に現状を打破したい、という思いだけでした。ですので、後に自分で店をやるとは、全く思いもよらないことでした。

 

熟慮の結果、変えたいという思いの方が強く、新業態への異動を希望したわけですが、よくよく思い出してみると、「変える」という結論は自分の中では最初から決まっていた気がします。新しいことを始める不安感や、やれない理由を探す自分をいかに払拭するか。それが自分の中で起こっていた葛藤の本質なのでしょう。

 

とは言っても、所詮、社内の事業部の異動。仕事内容は変わるけど、根本的な部分は変わらない。それがこの後にやってくる脱サラとは、決定的に違っていました。今思えば、この決断がその後の脱サラにつながる訳ですが、ここで重要なのは、飲食を経験できたということではなく、自分の意志で、自分の責任で、自分の人生を変えるべく行動を起こした、ということです。そして、一度その方向に進み始めると、人生における自分自身の位置づけ、が変わって見え始める。自分の人生の主役になれる。そしてそれは自分の意志で、自分の責任で変えられる。ということに気付くことができました。

 

その後、フランチャイズ店の店長を5年(3業態)経験し、独立するわけですが、長くなりますので、第2章として、近々書くことにいたします。

懐かしさと切なさと、心がゆれる夜に。

お店のこと

お疲れ様です。KIMAMASTERです!

51歳、飲み屋のマスターです。

 

先日、やや遅めの時間に、たまに来るカップルが来店しました。

軽く酔ってる感じだったので、飲み会の帰りかな?と思い聞いてみると、

「結納の帰りです」とのこと。これはめでたい

結納の帰りにうちの店に寄ってくれるとは、嬉しい限りです。結納の席では緊張してあまり食べられなかったらしく、うちに来てご飯系をがっつり食べてました。確かに結納の席で、あまりがっつくわけにもいかないですものね。

 

お祝いにお酒をご馳走しました。

f:id:kimama2016:20170321090457j:plain

 兵庫県播州一献 純米大吟醸 無濾過生酒」というお酒。

純米大吟醸らしくフルーティーで滑らかな口当たり、そして生酒らしいガツンとくるインパクトも持っています。

「一献(いっこん)」には、さかずき一杯の酒、また、酒を酌んで飲むこと、酒を振る舞うこと、などの意味があるようです。

「祝。一献、差し上げたい。」といった所でしょうか。

 

お店も継続してると、お客様のいろいろな変化に直面します。

特に若い方は、変化が多いですね。

卒業、就職、結婚、出産、引っ越し・・・

いずれにせよ、おめでたいことであれば嬉しいですね。お店に来られなくなってしまうと残念ですが。「若い頃よく行った、こんな店があったよね~」と、記憶の片隅にでもしまっておいてもらえれば幸いです。

 

 

 

自分の若い頃のことを思い出しながら、少々感傷的になりました。

今宵は、思い出の曲でも聴くことにしよう。

HOUND DOG「ONLY LOVE」

バーボンロックを飲みながら。

ああ、やばい。心が揺れる・・・

個人的なスポーツ観戦感。

スポーツ私感

お疲れ様です。!KIMAMASTERです!

51歳、飲み屋のマスターです。

 

お客様との会話で多いのは、スポーツの話題です。

今日はスポーツ私感を書きます。

 

WBC、6連勝でアメリカへ!盛り上がってきました。相撲も春場所、新横綱稀勢の里9連勝!素晴らしい!サッカー、カズが50歳でゴール!スキージャンプ葛西紀明が44歳9か月で表彰台!驚愕です!

選抜高校野球も開幕し、まさに「スポーツの春到来!」といった感じです。

 自分はランニング以外はやりませんが、見るのは好きです。

①野球。日本のプロ野球

年代ですね。サッカーより野球、世代です。好きなチームは弱小すぎて書きずらい…そして、盛り上がってる所、失礼ながら、WBCはいまいち気持ちが乗りません(好きなチームのオープン戦の結果の方が気になる笑)

②ゴルフ。日本の女子ゴルフ。

男子ゴルフは興味ありません(笑) 最近は若くて綺麗な選手が多いです。そしてとてもファッショナブル(セクシー!?)でも、自分的には、苦しんでる中堅選手を応援したくなります。女子ゴルフ界は、若い選手(アマも)がどんどん出てくる。韓国他の海外選手もどんどんやってくる。そんな中、日本の中堅・ベテランで苦しんでる人が結構います(シード落ち、ケガ等)そんな選手に是非是非、頑張ってもらいたい。今年は特に有村智恵さんを応援してます。国内でチヤホヤされていた頃はあまり好きではなかったのですが、アメリカで苦しみ、今年から日本に復帰。QT資格で参戦してますが、まだまだな模様。上田桃子さんが復活したように、もう一度輝きを取り戻して欲しいです。

chie-arimura.net

③駅伝、マラソン。

自分が走ってるので、よく見ます。あと、自分の出身大学が、駅伝が結構強いので。

NFL(本場のアメフト)。

これも世代ですかね。小学生の頃、流行った。その後、SF49'sのモンタナ・マジックあたりから、また見始めました。昔からオークランド・レイダース一筋です。今季は15年ぶりにプレーオフ出場も、QB骨折で初戦敗退。

⑤競馬

スポーツ!?かな?また近々、書くことになりそうです。

 

さて、今年はどんなシーズンになることか?楽しみです☆