MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「からし蓮根」を初めて食べた。その強烈なインパクトから連想するのは…!?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

昨夜は店が暇だったので、ちょっと早めに閉めて飲みに行きました。

度々訪れている馴染みのお店。そこで…。

マスターがお土産で貰ったという「からし蓮根」をつまみに出してくれました。

実はこれが「からし蓮根」初体験。


f:id:kimama2016:20180221091534j:image

 

いただきます。

 

蓮根のシャキシャキした食感が美味です。

周りの衣?は何でしょう?

そして、蓮根の穴に詰められた「からし」…。

食べていると、ツーンと来る辛味。

「辛っ!」

想像以上の辛さです。

一口、二口と食べ進むたびに、鼻腔にツーンと来ます。

そして涙が…。

 

思い出すのはからしをつけ過ぎたおでん」。

からし蓮根」って、こういうものなのでしょうか?

 

・・・・・

 

からし蓮根」

熊本県の郷土料理。

中に詰めるからしは、味噌、粉辛子、蜂蜜を混ぜて作った「辛子味噌」。

(「からし」のインパクトが強すぎて、「味噌」感はゼロでしたが。)

衣は、小麦粉、ターメリック(衣の黄色)を水で混ぜて作った揚げ衣。

菜種油で揚げて作るそうです。

 

・・・・・

 

さて、元々は殿様の健康食として作られたらしいのですが、

今では「名物」「お土産」という扱いでしょうか。

 

ちなみに、地元の人も食べているのですかね?

食べているなら「つまみ」としてなのか?

あるいは「おかず」としてなのか?

ちょっと聞いてみたいところです。

 

もうひとつ感じたのは「蓮根の穴に詰める」理由が分からない。

味だけを考えれば、辛子味噌を「つけながら」食べた方が良いでしょう。

つける量で辛さの調整ができるし。

薄い周りの衣が味に大きな影響を与えているとも思えない。

 

・・・・・

 

色々書きましたが…。結論としては、

「自分の口には合わなかった」

 

蓮根は好きです。美味しいです。

 

からし」があまり好きではないのかも?

いや、おそらく「程度の問題」でしょう。

少量のからしは料理によっては欠かせないものです。

大量のからしは…。

「罰ゲーム」にしか思えない(失礼)

ロシアンルーレットでハズレを引いたみたいな…。

しかもハズレが分かっていて食べるみたいな…。

 

途中からまったく箸が進まなくなりました。

 

・・・・・

 

 

ごめんなさい。

個人的な好みの問題で悪気はありません。

生産者の皆様、失礼をお許し下さい。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

プリンターが壊れた。インクはケチらないで「純正」を使いましょう。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

確定申告が始まりました。

自営業者にとっては大事なイベント?です。

帳簿も小まめにつけていたし、決算も終了。

国税庁のホームページで申告書の作成も完了。

あとは印刷して郵送するだけ。

 

さて、印刷スタート!

 

・・・・・

 

おや?なんか色がおかしいぞ??

緑色の線が、青で印刷されてる?

おかしいな?インク残量はあるし…。

 

とりあえずクリーニングをかけて、チェックしてみると…。

黄色が全く出ていないではないか!

 

カバーを開けて黄色のカートリッジを外してみると…。

 

 

 

オーマイガー!

 

ひどいインク漏れが…。


f:id:kimama2016:20180219154521j:image


f:id:kimama2016:20180219154531j:image


f:id:kimama2016:20180219154548j:image

 

実は数か月前…、

かなり長い間、プリンターを使っていたので、ある程度リスクを覚悟して「代用品」のインクにしてみました。

やっぱり、高いんですよね。「純正品」は。

しばらく「代用品」で使えれば、適当なところで買い替えようかな、と考えました。

 

ところが…、

「しばらく」どころか「瞬殺」でした。

あっという間に、ジエンドです。

 

・・・・・

 

確定申告書を印刷するためにプリンターが必要なので、致し方無く電気屋さんへ。

型落ちらしいのですが、こちらが安かったので買ってきました。


f:id:kimama2016:20180219154801j:image

 

まったく…。

ケチったばっかりに、予定外の展開になってしまいました。

やはり割高でも「純正品」を使うしかないようですね。

 

それはそうと、こんな一発でダメになるようなもの売っていていいんですかね??

いくら「代用品」とはいえ、これでは全く「代用」になってない。

ちょっとひどすぎる。

 

・・・・・

 

 

「ブログのネタが出来てよかったじゃん。」

 

 

 

 

…嬉しくないです。

 

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

最強の果実「シークヮーサー」の原液でドレッシングを作る。新メニューにエントリー!?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

以前も書きましたが、ブログを始めて一年が経ったので、この機会に過去記事のメンテナンスをすることにしました。

なにせ、初期の記事は酷いのが多い。

放置しておくのは、もはや犯罪レベル!?

 

という訳で、古いものから加筆・修正しているのですが、まぁ時間がかかる。

何日間か、かかりっきりになりました。(いまだ途中…。)

 

でも、古い記事には何か「純粋さ」を感じます。

ブログを始めたワクワク感。自分で書いたものを公開するドキドキ感。

そして稚拙ながら、熱い想い、あふれる感情が伝わってきます。

 

最近は…。

書くのには慣れましたが、純粋な気持ちが失われている。

一年も書いていれば当たり前ですかね。

そして…、何か狙いすぎてるきらいがあります。

 

もっと純粋で素直な気持ちを表現できたらと思いますが…。

それを52歳のオッサンに期待するのは酷というもの。

 

「人間は若さと引き換えに、成熟を手に入れる。」

って、誰かか言ってました。

「成熟」したのならいいのですが…。

「老化」を美化しただけに聞こえなくもない。

 

失礼。また戯言が過ぎました。

 

・・・・・

 

今日は食べ物ネタです。

お店のドリンクメニューに「沖縄シークヮーサーサワー」なるものがあります。

沖縄県から「100%の原液」を取り寄せて作っています。

ちなみに、シークヮーサーの効能は、

  • 生活習慣病の改善
  • 美白・美容効果、老化防止
  • ストレスへの抵抗力を高める
  • 疲労回復効果
  • 発がん抑制効果
  • 免疫力を高める
  • 肝機能改善効果
  • などなど。

 史上最強の果物と言っても過言ではないでしょう。


f:id:kimama2016:20180214174906j:image

 味のポイントはその酸味の強さ。かなり酸っぱいのですが、身体に効いてる感はハンパないです。なかなかの人気メニューなのですが、その酸味ゆえに、真冬の寒い時季には注文数が減少します。

賞味期限も若干気になりますので、料理でも活用できないかと考え、シークヮーサー原液を使ったドレッシングを作ってみました。

そして出来たメニューがこちら。

 

「生ハムと野菜のさっぱりサラダ 」

       ~自家製シークヮーサーのドレッシングで~

f:id:kimama2016:20180214174931j:image

酸味が効いていて、サッパリ食べられます。

生ハムとの相性も良く、常連さんには好評です。

それでも…、

やっぱり暑い季節に食べたいですね。

何と言ってもシークヮーサー、沖縄の果物ですから。

 

 [シークヮーサードレッシングのレシピ]

  • シークアーサー原液 50cc
  • 酢                               大2
  • オリーブ油                 大1
  • はちみつ                     大1
  • 醤油                            大1
  • 塩ひとつまみ
  • 胡椒少々

撹拌して乳化させる。

これで3~4台分です。

 

今年の夏は大ヒット、間違い無しか!?

そしてこれだけ寒いと、あの極暑い「夏」が待ち遠しいと感じる今日この頃です。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。