MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

「おじさん」について考えてみる。「おじさん化」とは、どんな状態なのか?

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

齢52になります。

世に言う「おじさん」です。

 

身体機能の衰えは隠せません。

ちょっとしたことでイラッとします。

何かをする時「やーっ」とか、つい声が出ます。

ぶつぶつ独り言を言ってることがあります。

柱や壁にぶつかります。

よくファンブルします。

酒を飲むと酔う前に眠くなります。

一度目が覚めると、もう眠れません。

 

 

 

…「ヒロシです

 

 

…じゃなくて、

 

「オヤジです」

 

こんな例は、あげればキリがないほどです。

 

f:id:kimama2016:20170421094502j:plain

 

「おじさん化」とは?

外見もありますが、最終的には内面の問題でしょう。

もちろん単に年齢を基準に図ることはできません。

 

個人的なイメージでは…。

  • 変化を拒む。
  • 柔軟性がなくなる。
  • 臆病になる。
  • 好奇心がなくなる。
  • いろいろ気にしなくなる。
  • 周りが見えなくなる。
  • 自己中心的になる。
  • 頑固になる…などなど。

 

そうならないように気を配っているつもりだが、果たして…?

  

そんな時、最近読んだ本の中に「おじさん」に関する印象的な記述がありました。

だから日本はズレている (新潮新書 566)

だから日本はズレている (新潮新書 566)

 

 

人は今いる場所を疑わなくなった瞬間に誰もが「おじさん」になる。

…変えたいならば「おじさん」たち自身から変わらなければならない。

しかし疑うことを忘れた「おじさん」にそんなことはできない。

 

現状分析から現状否定、新しいものへの挑戦。

そして進化を遂げていく。

 

それをしなくなった時、人は退化していく。

その状態が「おじさん化」なのでしょうね。

もっと言えば、その状態に気付けてすらいないのかも知れない。

 

・・・・・

 

自分は「会社員」という「居場所」を疑って、そこから降りた。

それで一応「おじさん」化せずに済んでいる(と思う)のだろう。

30代で会社員の時の方が、心身ともに確実に「おじさん」でした。

 

それから10年が過ぎて…。

再び「今いる場所」を問われているのかも知れない。

だが、自営業という「場所」に安住は無い。

自分で何かを動かしていかないと、何も始まらない。

 

会社員が安住の地かは分からないが…、

自由を提供して服従することで、ある程度の安住を手に入れていた気がする。

 

そして前出の本にあった、別の記述。

…(会社員でなくても)結局は社会の歯車のひとつなのだ。

それは会社の歯車のひとつとして生きるよりもストイックさが要求される。

会社員ならば歯車の潤滑油は会社が補給してくれる。

しかし(フリーランスは)潤滑油さえも自分で調達しなければならないからだ。

 

まさにその通り。

自分で自分を守らない限り、誰も守ってくれない。

ストイックに生きなければ、自営業は続けていけない。

 

そんな生活をしていると「おじさん化」は免れるのかも知れない。

 

・・・・・

 

あくまでも個人的な見解です。

会社員がみんな「おじさん」な訳ではないし、

自営業者がみんな「非おじさん」な訳でもありません。

 

まずは客観的に自分自身を見つめること。

それを忘れずに行きたいものです。

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

「スギ花粉終息宣言」。ようやくランニングが再開できました。でも相変わらず困ることが…。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

先日ニュースで「スギ花粉終息宣言」をやってました。

そして今日の東京地方は、雨上がりの曇り空。

気温20℃ほど。風は微風。

これは…。

久しぶりの「走り頃」

 

このところ「花粉の大量吸引」が怖くて、ほとんど走れませんでした。

(今のところ、発症はしていませんが…。)

「これは走るしかない!」

 

f:id:kimama2016:20180415113329j:plain

 

距離 6.06km。5:43分/kmあたり。

久しぶりの分、ちょっとバテました(汗)

また、雨上がりの影響か? 湿度が高めで空気が重く感じました。

これからの季節、花粉に変わって「湿気」との闘いになります。

 

これ以上走ると、今日の仕事に差し障りそうなのでここでストップ。

 

f:id:kimama2016:20180415115559j:plain

 

そして…、

走っていて相変わらず困るのが、

「歩き・チャリたばこ」

そして

「停止線無視の車」

 

過去にも書きましたが…。

kimama2016.hatenablog.com

 

kimama2016.hatenablog.com

 

どうにかして欲しいのです。

 

 ここは、ひとつ…。

 

 

「首相案件」として処理して頂けないでしょうか?

官僚のみなさま、どうかよろしくお願いします。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

メジャーリーグでの大谷選手の活躍と、日本のプロ野球のオリックスについて。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

日米ともにプロ野球のシーズンが開幕。

そして、メジャーリーグエンゼルスの大谷選手が、衝撃のデビューを飾りました。

打者として3試合連続ホームラン、投手として2連勝。見事です。

 

素晴らしいスタートなのですが…、

自分は大谷選手のメジャーでの二刀流には懐疑的です。

投手一本で行くべきだ、と今でも思っています。

 

「野手」として打席に立つリスク。

投手だけでも何十億も稼げるだろうに、リスクを侵して打者に挑戦する必要があるのか?

投手としても、ボールやマウンドの違い、中4日の登板期間、長距離の移動など、対応しなければならないことが多い。そこに打者としての練習、試合が加わるとなると、かなりの負荷になることが予想されます。

 

とにかく一番心配なのは怪我です。

「投手」として打席に立つのと、「野手」として打席に立つのでは、相手の攻めが全然変わってくるでしょう。ましてや、打てば打つほど相手の攻めは厳しくなるはず。

そうすると当然、怪我をするリスクが高くなる。

 

塁に出れば、際どいプレーもあるだろうし、交錯や接触もある。これも「投手」としてではなく、相手が大谷選手を「野手」だと思えば、かなり厳しいプレーをしてくるのではないか?

それにより、投手としての選手生命が危機に瀕する、なんてことにならなければ良いのだが…。

 

自分としては、登板する日にそのゲームの中で(DHを使わずに)「投手」として打席に立てば十分ではないか?と思います。

 

・・・・・

 

大谷選手は今までの常識を超える選手で、自分の懸念は杞憂に終わるかも知れません。

いずれにせよ今後のプレーに注目です。

 

f:id:kimama2016:20170904100200j:plain

 

日本のプロ野球も開幕。さっそく厳しい現実に直面。

さて、話題は日本のプロ野球へ。

自分が応援しているオリックス9試合して2勝7敗の最下位。

オープン戦までは妄想が膨らみましたが、早くも厳しい現実を突き付けられた感じです。

 

始まったばかりとは言え…、だいぶ苦しい。

好転する兆しがまったく見えない。

こうなると現状を一変させる「カンフル剤」が必要なのかも。

 

サッカー代表のように「監督解任」?

いや、ここはイチローの電撃復帰」でしょう。

 

昨年、96敗して最下位だったヤクルトが、ここまで6勝3敗の首位。

その要因は、ケガ人が戻ってきたこともありますが、なんといっても「青木選手の電撃復帰」でしょう。開幕から4番に座って、ここまで.314の成績を残しています。

 

こうなるとオリックスイチローの電撃復帰」に期待してしまう。

「がんばろう!神戸」を合言葉に優勝を飾った時のように…。

「一番 ライト イチローが待たれます。

・・・・・

この時期に、すでにレジェンドに期待するしか無いのだとしたら…。

ちょっと悲しすぎますね。

まぁ、先は長いです。

どうにか好転することを祈ります。

 

「レジェンド」の次は「神頼み」ですか(苦笑)

 

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。