MY 50's STYLE

50代、飲み屋店主の生き方。

今日は年に一度の健康診断。今回は「腫瘍マーカー4点セット」をオプションで追加しました。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

空腹に耐えながら、ブログを書いています。

今日は年に一度の健康診断の日。

午後1時からなので、それまで水だけで凌ぎます。

あと3時間あまり…。

な~に、タイの洞窟で閉じ込められた少年たちに比べたら、屁でもない。

 

が、腹減った……。

 

・・・・・

 

国民健康保険の加入者(40歳以上)は、年に一度、無料で健康診断を受けられます。(自治体によって異なるかも)

毎年、受診していますが、今回はオプション検査として、腫瘍マーカー4点セット?を追加しました。

血液検査で

  • 膵がん、胆のうがん、胆管がん
  • 腸がん、肺がん
  • 肝がん
  • 前立腺がん

の検査ができるというもの。

全部で7.000円くらいかかります。

 

・・・・・

 

今回、オプション検査を加えたのは「保険の見直し」を考えているからです。

上の娘も就職・独立したので、死亡保障はもうそれほど必要ないだろう。

今の保険は解約して、医療保険をメインにしようかな、と。

最近は健康だと割安になる保険もあるようだし。

あと、医療の部分は「終身」にしたいですね。

生保の医療特約だと10年更新の定期特約なので、高齢になった時が心配です。

 

f:id:kimama2016:20180723101037j:plain

 

・・・・・

 

というわけで、今回の結果を見て、保険を検討しようと思っています。

自分で探すか? ほけんの窓口に行くか?

いずれにせよ、健診の結果が良いことを祈ります。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

素人サックス練習記。初めて人前で吹いて感じたことなどを記しておこう。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

 

先日、お店に常連さんを招いて「10周年イベント」を行いました。

そこで日ごろ練習しているサックスを披露するのですが…。

いい感じで酔っぱらったので、軽く2~3のフレーズを吹くのが精一杯。

しかも人前(家族以外)で吹くのは初めて。

やはり普段の練習のようには行きませんでした。

 

その時の演奏も含め、最近気づいたことなどを記しておきます。

 

f:id:kimama2016:20180404102051j:plain

 

その時感じたことを2つ。

1つ。

狭い家と広い店では、同じように吹いてもかなり印象が異なる。

家だと大きく感じる音でも、店だと「あれっ?音が出てない?」そんな印象。

家だけで練習していたのではダメだなぁ、と思いました。

海岸で吹くか…。

冗談です。

 

2つ。

今回、動画を撮影してもらって聴いてみると…。

吹いていて感じている音とは、印象がだいぶ違う。

「こんな風に聞こえてるんだ。」

「声」も同様ですよね。

サックスの音も同じなんだと。

たまに録音して聴いてみるといいかも。

 

最近気づいたこと。

最近感じるのは、中~高音域で「音が固い」こと。

音がストレートにキンキン響いて、心地よくない。

もっと柔らかくて優しい音が出せないものか?

そのためにはどうすれば良いのか?

 

・・・・・

 

それと同時に、低い「C」の音が出なくて苦労していました。

音が揺れる。波打つ。バリバリいう。

息の入れ方やアンブシュアを変えていろいろやって見るのだが、なかなか上手くいかない。

それでもいろいろ試しているうちに「おっ!」と感じたのが…。

 

思い切って力を抜いて見ました。

特に口の上下に噛む力を緩めてみた。

するとなんとなく今までと違う音が出た。

息は洩れますが、揺れたり、バリバリいわなくなった。

音が柔らかくなった印象です。

多分、音を出そうとして力みすぎていたのでしょう。

 

「この感じで吹けば、中高音域も柔らかい音が出るのでは?」

やってみると確かに以前に比べて柔らかい。

息が漏れるので、上下の力はそのままで、左右からの締めを意識する。

「これが正しいアンブシュアなのかも?」

 

以前もアンブシュアが固い、噛みすぎている」と書きました。

その時すでに気付いていたのでしょうが、体感したのは初めてかも。

この形が身につけば、全体的に柔らかい音で吹けるのではないか?

そんなイメージを持っています。

 

・・・・・

 

いろいろ書きましたが、所詮シロウトが感じたこと。

間違いや勘違いがあるかも知れませんのでご容赦下さい。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。

ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の初回を見て感じたこと。これは…。

お疲れ様です。KIMAMASTERです。

最近、お気に入りの女優さんがいます。

吉岡里帆さんです。

宮崎あおいさんの結婚に傷心していた矢先。

テレビのバラエティ番組で出会ったのが吉岡さん。

kimama2016.hatenablog.com

 

前回の主演ドラマ「きみが心に棲みついた」も観ました。

評価はさまざまでしたが、今回のドラマはどうでしょう?

期待を胸に、先日の第一回目の放送を視聴。

www.ktv.jp

 

(原作は読んでいません。あくまでテレビドラマとしての印象です)

 

・・・・・

 

映画が好きで、映画監督になることを夢見ていた主人公。

大学卒業で夢を諦め、安定を求めて区役所へ就職。

最初に配属されたのが福祉課で、生活保護者と向き合うことに。

その仕事を通じて成長していく姿を描く。

そんなストーリーでしょうか。

 

 

初回を見ての第一印象は…。

「これは厳しいぞ」

まず設定が地味。

区役所の仕事という設定が、ドラマにしては地味すぎる。

生活保護者と向き合う場面では、緊迫のシーンもありそうだが…、

残念ながらまったく伝わってこない。

吉岡さんの演技力の問題か?それとも演出の問題か?

最近のドラマでは鉄板の「刑事もの」「医療もの」と比べると…。

その設定がなんとも地味。

 

・・・・・

 

そしてこのドラマ。

「役所の職員はこんなに苦労して頑張っているんです」

そんなメッセージが込められているように感じてならない。

でも夜間に新人が2人だけで仕事(残業)をしているシーンはいただけない。

ドラマの演出とはいえ、配慮が欲しい。

 

田中圭(係長)の

生活保護は税金から出ている。最低限度の生活を維持できるだけでいい。」

というセリフも、

「お前たちの給料も税金から出ているんだから、ちゃんと働けよ」と思ってしまう。

失礼。論点がずれました。

 

そしてこれといったヒール役がいないのもマイナス。

ドラマに緊迫感やメリハリが出ないのです。

前出の係長がお金にシビアな上司、という程度では……。

 

・・・・・

 

このドラマ、残念ながら低空飛行が続くと思われます。

そして、その矛先は、吉岡里帆さんに向かうのでしょう。

ネット上では酷評されそうです。

でもそれは吉岡さんのせいというよりも、

「このストーリーは連ドラには向かない。」ということではないか?

とはいえ、吉岡さんの今後の活動に影響が出ないか心配です。

 

f:id:kimama2016:20180720095102j:plain

 

次回以降、どんな展開になるのでしょうか?

どうなろうと自分は最後までお付き合いいたします。

 

本日もお読み頂き、ありがとうございます。